アンブレッドシード

ジャコウと花を組み合わせたような香り

原産地がインドで、1.5mほどの常緑低木であるアンブレットシード。

種子にはジャコウのような香りがあり、香水のジャコウの香りづけや代用品として利用されています。

アンブレットシードは世界各地であらゆる用途で活用されており、中国医学では頭痛に、エジプトでは口臭予防としてや、牛乳と混ぜた乳液がかゆみ止めにも使われています。

また、薬草学や民族的伝統では、消化不良、神経性の消化不良、痙攣の緩和に使われています。

その他、食品としても利用されており、アジアではスパイスとしてや、アラブではコーヒーと混ぜて飲む習慣があると言います。

また、酒類やソフトドリンク、お菓子などの食品の香りづけにも利用されています。

では、アンブレッドシードの心体への効能をみていきましょう。 

スポンサードリンク

心への効能

心への効能 イメージ写真

不安や緊張、うつ、ストレスなどの負の感情の緩和に役立つとされています。

また、催淫作用、刺激作用があり、性欲を高める働きがあるとされています。

体への効能

体への効能 イメージ写真

筋肉痛や痙攣を緩和に役立つとされています。

また、体の疲労、循環不全に対しても有効とされています。

肌への効能

肌への効能 イメージ写真

抗炎症作用があり、皮膚の炎症に効果が期待できます。

主な芳香成分

エステル類 酢酸ファネシル(50~60%)
その他 アンブレッドライト(5~15%)
ファネソール(~10%)
パルミチン酸(微量)

注意事項

  • 特にありません。

スポンサードリンク

香りの特徴

香りのグループ オリエンタル系
揮発度 ミドル~ベースノート
香りの強さ  

相性の良い精油

おススメの使用方法

芳香浴など。

購入の目安とポイント

データ

学名 Abelmoschus moschatus
英名 Ambrette seed
科名 アオイ科
種類 常緑低木
別名 ムスクシード
抽出部位 種子
抽出方法 水蒸気蒸留法
主な産地 エクアドル、フランス、中国、アフリカ、インドネシア
主な作用 鎮痙、鎮静、健胃、駆風、抗炎症、防虫、催淫、刺激

以上、「アンブレッドシードの効能」でした。参考になれば幸いです。