アサフェティダ

ニンニクのような強い刺激のある香り

アサフェティダは、インド、アフガニスタン、イラン、パキスタン周辺が原産の多年草で、背丈は2~3メートルほどまで生長し、黄緑色の花を咲かせます。

精油はニンニクのような強い香りが特徴的で、決して良い香りではありません。アロマテラピーではあまりメジャーではない精油です。

インドでは古くから香辛料や薬理的用途で利用されており、脳の働きを活性化させるとされています。

では、アサフェティダの心体への効能をみていきましょう。 

スポンサードリンク

心への効能

心への効能 イメージ写真

神経疲労やストレスに対して有効とされています。

古くから神経衰弱やヒステリーなど、神経系の不調に対して効果があるとされており、処方されてきた植物です。

体への効能

体への効能 イメージ写真

咳や喘息、気管支炎などの呼吸器系の不調に対して有効とされています。

古くから、咳、喘息、気管支炎などの呼吸器系、便秘、腹部の膨張感などの消化器系に良いとされきた植物です。

注意事項

  • 妊娠中や授乳中の方、幼児への使用は避けましょう

スポンサードリンク

香りの特徴

香りのグループ スパイス系
揮発度 トップノート
香りの強さ 強い

データ

学名 Ferula asa-foetida
英名 Asafetida
科名 セリ科
種類 多年草
和名 アギ(阿魏)
抽出部位 樹脂
抽出方法 水蒸気蒸留法
主な産地 インド、アフガニスタン、イラン、パキスタンなど。
主な作用 刺激、去痰、駆風、鎮痙など。

以上、「アサフェティダの効能」でした。参考になれば幸いです。