ブチュー

ミントやカンファーに似た強い香り

ブチューは、アロマテラピーではあまり使用されないマニアックな精油です。柑橘類の低木で、原産地はアフリカ。現在はアフリカ全土に自生しています。

南アフリカでは、葉を消毒や虫よけとして使われてきました。

また、西洋の薬草学では、消毒や利尿作用による泌尿器系の感染症(尿道感染症や前立腺炎、膀胱炎など)のに処方されています。

では、ブチューの心体への効能をみていきましょう。 

スポンサードリンク

体への効能

体への効能 イメージ写真

消毒や利尿作用などがあり、尿道感染症や前立腺炎、膀胱炎などの泌尿器系の感染症に有効とされており、効果が期待されています。

主な芳香成分

ディオスフェノール(25~40%)、メントン、プレゴン、イソメントン、リモネンなど。

注意事項

  • 妊娠中や授乳中の方は、使用を避けましょう。

スポンサードリンク

香りの特徴

香りのグループ 柑橘類
揮発度  
香りの強さ 強い

購入の目安とポイント

5mlで4,000円前後。プラナロムで販売されています。

データ

学名 Agotbosma betulina
英名 Buchu
科名 ミカン科 アガソスマ属
種類 低木
別名 ブークー、ブッコノキ、ブック
抽出部位
抽出方法 水蒸気蒸留法
主な産地 南アフリカ
主な作用 消毒、利尿、殺虫など。

以上、「ブチューの効能」でした。参考になれば幸いです。