カーネーション

甘く濃厚なフローラルの中に、ややスパイシーさがある香り。

母の日のギフトとしてお馴染みのカーネーション。

精油は花から揮発性有機溶剤抽出法によって抽出されており、採油率が0.02~0.03とかなり低く、非常に高価で貴重な精油となっています。

学名の「Dianthus caryophyllus」は、Dianthus(神の花) caryophyllus(クローブ)を意味しており、つまり、「クローブの香りを持つ神の花」という意味が由来となっています。

その甘く濃厚で、ややスパイシーさがある香りは、「香り全体を引き締め、奥行きを出す」と言われており、香水の原料として活用されています。

カーネーションは、アロマテラピーに関しての文献が少なく、効能など不明確な部分がありますが、他の精油とブレンドして、芳香浴などで楽しまれています。

カーネーションの歴史は古く、古代ギリシャ時代から栽培されていたといいます。

ちなみに、カーネーションはローズなどとは違って、観賞用と精油用で区別されていません。観賞用の花が、精油用として使用されています。

では、カーネーションの心体への効能をみていきましょう。 

スポンサードリンク

心への効能

心への効能 イメージ写真

甘く濃厚でややスパイシーな香りが、気分をスッキリさせてくれます。

体への効能

体への効能 イメージ写真

消化を促進させる作用があると言われており、消化不良やお腹にたまったガスの排出などに効果が期待できます。

主な芳香成分

フェノール類 オイゲノール
エステル類 安息香酸ベンジル
サリチル酸メチル

注意事項

  • 妊娠中や授乳中の方は、使用を避けましょう。
  • フェノール類が多く含まれており、皮膚刺激が強いため、肌への使用は控えましょう。

スポンサードリンク

香りの特徴

香りのグループ フローラル系
揮発度 ミドルノート
香りの強さ 強い

相性の良い精油

おススメの使用方法

芳香浴など。

購入の目安とポイント

10mlで20,000円~30,000円。

採油率が0.02~0.03とかなり低く、非常に高価で貴重な精油となっています。

データ

学名 Dianthus caryophyllus
英名 Carnation
科名 ナデシコ科 ナデシコ属
種類 多年草
別名 オランダナデシコ、オランダセキチク、ジャコウナデシコ(麝香撫子)
抽出部位
抽出方法 揮発性有機溶剤抽出法(アブソリュート)
主な産地 エジプト、ヨーロッパ
主な作用 消化促進、鎮静

以上、「カーネーションの効能」でした。参考になれば幸いです。