キャロットシード

ナッツのような甘さを感じる深みのある香り♪

キャロットシードは、肌のシミやシワなどを予防するアンチエイジング効果のある精油として人気があります。

ニンジンの原種となる種子で、根は太くならず、食用には適しません。本来は1年草ですが、条件によっては2年草になります。

独特な香りのする精油なので、苦手な方は、柑橘系の精油とブレンドするのがおススメです。

では、キャロットシードの心体への効能をみていきましょう。 

スポンサードリンク

心への効能

心への効能 イメージ写真

強壮作用により、ストレスなどで疲れた心を癒す効果があります。

また、凝り固まった頭を柔軟にし、もう一度物事を見直したいときに役立ちます。

体への効能

体への効能 イメージ写真

体内をきれいにする役割を果たしている肝臓、腎臓の機能を調整し、体内の毒素を排出し、身体を浄化します。

肌への効能

肌への効能 イメージ写真

皮膚を再生し、細胞を活性化する作用があるため、スキンケアにおススメの精油です。また、抗酸化作用もあり、シワやシミの予防、改善にも優れた効果を発揮します。

主な芳香成分

セスキテルペンアルコール類 キャロトール(25~35%)
モノテルペン炭化水素類 α-ピネン(10~15%)
セスキテルペン炭化水素類 β-ビサボレン

主要成分であるキャロトールには、肝細胞を再生する作用があり、また、皮膚の再生する作用もあるため、スキンケアにもむいています。

注意事項

  • 車の運転など、集中力を要するときは、使用を避けること。
  • 妊娠中は使用しないこと。
  • 飲酒前後の仕様は、悪酔いすることがあるので使用を避けること。

スポンサードリンク

香りの特徴

香りのグループ ハーブ系
揮発度 ミドルノート
香りの強さ 中~強い

相性の良い精油

独特な香りが強いため、柑橘系とブレンドすると良いです。肌のアンチエイジングには、ゼラニウムとのブレンドがおススメです。

入浴、芳香浴、ヘアケア、トリートメント、スキンケアなど。

購入の目安とポイント

10mlで3,000円~4,000円。

精油の産地によりキャロトールの含有率が異なり、インド産のものが含有率が比較的高い。

データ

学名 Daucus carota
英名 Carrot seed
科名 セリ科
種類 1~2年草
別名 ワイルドキャロット
和名 ノラニンジン(野良人参)
抽出部位 種子
抽出方法 水蒸気蒸留法
主な産地 フランス、オランダ、ハンガリー、ドイツなど。
主な作用 強肝、強壮、駆風、細胞、成長促進、通経、利尿

以上、「キャロットシードの効能」でした。参考になれば幸いです。