チャンパカ

甘く濃厚でエキゾチックなフローラル系の香り

チャンパカは、原産地が東南アジアやインドのモクレン科の常緑高木です。

和名は「金香木(きんこうぼく)」と呼ばれています。

インドの民話では、富と繁栄の女神・ラクシュミの化身と考えられており、神聖な木として寺院で栽培されたり、儀式で用いられています。

また、インドや中国では、根を吹き出物の治療に、樹皮を解熱剤として、花を腎臓病や目の炎症治療に使うなど、万能薬として活用されてきました。

あまり馴染みのない精油ですが、花から溶剤抽出法にて抽出された精油には、甘くて濃厚なエキゾチックな香りがし、現在では香水の香料としてなど、主にフレグランスとして利用されています。

では、チャンパカの心体への効能をみていきましょう。

スポンサードリンク

心への効能

心への効能 イメージ写真

甘く濃厚な香りが、心をリラックスさせる効果があるとされています。気持ちを落ち着けたいときに効果が期待できます。

主な芳香成分

モノテルペンアルコール類 リナロール
その他 フェニルエチルアルコール
cis-リナロールオキサイド
酢酸ベンジル
ネロリドール
オイゲノール

注意事項

  • 妊娠中や授乳中の方は、使用を避けましょう。
  • 肌への刺激が強い為、肌への使用は避けましょう。

スポンサードリンク

香りの特徴

香りのグループ フローラル系
揮発度 トップ~ミドルノート
香りの強さ 強め

相性の良い精油

同じフローラル系の香りと相性がいいです。

おススメの使用方法

芳香浴など。

データ

学名 Michelia champaca
英名 Champaca
科名 モクレン科 オガタマノキ属
種類 常緑高木
別名 金香木(きんこうぼく)
抽出部位
抽出方法 溶剤抽出法(アブソリュート)
主な産地 インド、インドネシア、フィリピン
主な作用 解熱、強壮、刺激、収れん

以上、「チャンパカの効能」でした。参考になれば幸いです。