チャービル

アニスやフェンネルのような甘い香り

 

 

 

では、チャービルの心体への効能をみていきましょう。 

スポンサードリンク

心への効能

心への効能 イメージ写真

 

体への効能

体への効能 イメージ写真

 

肌への効能

肌への効能 イメージ写真

 

主な芳香成分

モノテルペン炭化水素類  
フェノール類  
アルデヒド類  

注意事項

  • メチルチャビコールやアネトールという毒性のある成分が含まれており、刺激性や発がん性がある可能性があるとさているため、注意が必要です。

スポンサードリンク

香りの特徴

香りのグループ  
揮発度  
香りの強さ  

データ

学名 Anthriscus cerefolium
英名 Chervil
科名 セリ科 シャク属
種類 一年草
別名 ガーデンチャービル、フレンチパセリ
抽出部位 種子、果実
抽出方法 水蒸気蒸留法
主な産地 南ヨーロッパ、アメリカなど。
主な作用  

以上、「チャービルの効能」でした。参考になれば幸いです。