フェンネル

甘くてスパイシーなハーブの香り♪

フェンネルが使われていた歴史は長く、古代エジプトでは、健胃作用や解毒作用があるとして利用されていました。

日本では茴香(ういきょう)と呼ばれて、種子が体を温めて消化器系の調子を整える漢方薬として利用されてきました。

また、ヨーロッパでは魚料理、インドではカレーのスパイスとして利用されています。

では、フェンネルの心体への効能をみていきましょう。

スポンサードリンク

心への効能

心への効能 イメージ写真

強壮作用により、ストレスや緊張などの感情をほぐし、怒りやイライラ感を鎮める作用が期待できます。

月経前のイライラにも有効です。

体への効能

体への効能 イメージ写真

消化を促進する作用があり、食べ過ぎや飲みすぎの不快感をやわらげます。また、利尿作用などにより、体内から毒素を排出するので、むくみやセントラル予防に効果的です。

trans-アネトールという成分が含まれており、女性ホルモンに似た働きがあり、生理不順、更年期障害など、女性特有の症状を改善する効果が期待できます。

肌への効能

肌への効能 イメージ写真

浄化、強壮作用により、肌のシワやたるみの予防に効果的です。

主な芳香成分

フェノール類 trans-アネトール(70~80%)
モノテルペン炭化水素類 リモネン(10~20%)
α-フェランドレン(~5%)
ケトン類 フェンコン(~3%)

フェノール類のtrans-アネトールが多く含まれており、女性ホルモンのエストロゲンに似た作用があります。

注意事項

  • 使用量に注意しましょう。
  • 女性ホルモン用作用がある為、妊娠中や授乳中、及び、てんかんの方は使用を避けましょう。

高品質で、安くてお得なブランドは?

フェンネルの精油なら、群馬県の猿ヶ京温泉の老舗宿「旅籠屋丸一」のプライベートブランドである「ナチュラルアロマ」の精油がおすすめです。

製造元は、アロマテラピーの本場であるフランスのパイヤンベルトランド社です。

製造開始から1時間以内に抽出されたエクストラと呼ばれる高品質な精油を使用。なのに、価格は10mlで1,300円~2,600円のリーズナブルな価格で提供されています。

スポンサードリンク

香りの特徴

香りのグループ ハーブ系
揮発度 トップ~ミドルノート
香りの強さ 中~強い

相性の良い精油

おススメの使用方法

入浴、芳香浴、トリートメント、スキンケアなど。

データ

学名 Foeniculum vulgare
英名 Fennel
科名 セリ科
種類 多年草
別名 フェンネルシード
和名 ウイキョウ(茴香)
抽出部位 種子
抽出方法 水蒸気蒸留法
主な産地 ハンガリー、スペインなど。
主な作用 ホルモン様、消化促進、去痰、抗菌、抗炎症、抗ウイルス、鎮痙

以上、「フェンネルの効能」でした。参考になれば幸いです。