ガランガル

ジンジャーの様で、甘くスパイシーな爽やかな香り

ガランガルは、アロマテラピーではあまり馴染みの無いマニアックな精油です。根茎がジンジャーによく似ており、スパイスやカレーなどの料理に使用されています。

また、薬理的作用もあり、消化不良や腹部の膨張間、仙痛、吐き気、嘔吐などの治療に有効とされています。

原産地はインドと言われており、現在インドからマレーシア熱帯地域で栽培されている多年草で、背丈は1m程までに育ちます。

では、ガランガルの心体への効能をみていきましょう。 

スポンサードリンク

体への効能

体への効能 イメージ写真

消化不良に対して効果が期待されています。また、文献により関節炎やリウマチ、糖尿病、気管支カタルなどに対しても有効とされています。

主な芳香成分

オキシド(酸化物)類類 1,8シネオール(55~60%)
エステル類 酢酸ゲラニル(10~15%)、
酢酸 シトロネリル(~5%)
その他 β-ピネン、α-ピネン、オイゲノール、カンフェンなど。

注意事項

  • 妊娠中や授乳中の方は、使用を避けましょう。

スポンサードリンク

香りの特徴

香りのグループ スパイス系
揮発度 ミドルノート
香りの強さ 強い

相性の良い精油

データ

学名 Alpinia galanga
英名 Galangal
科名 ショウガ科
種類 多年草
別名 シャムジンジャー
抽出部位 根茎
抽出方法 水蒸気蒸留法
主な産地 中国、マレーシア、インドネシア、タイなど。
主な作用 健胃、刺激、抗炎症、防腐、催淫、強壮、覚醒など。

以上、「ガランガルの効能」でした。参考になれば幸いです。