ガルバナム

樹木系と樹脂系のような深みのある独特な香り

ガルバナムは、古代からお香としてや瞑想をする際に使われていた植物で、神秘的な力をもっているとされていました。

旧約聖書に登場しており、神殿で使われていたとの記述があります。

古くからエジプトでは、化粧品としてや、ミイラを作る際の防腐剤として使われていた歴史があります。

では、ガルバナムの心体への効能をみていきましょう。 

スポンサードリンク

心への効能

心への効能 イメージ写真

高ぶった神経をほぐして、心を落ち着かせる働きがあります。不安や緊張、ストレスなどに有効とされています。

古くから、瞑想に使われてきた歴史のある植物です。

体への効能

体への効能 イメージ写真

咳やぜん息、気管支炎など呼吸器系の不調に有効です。また、痛みや炎症を鎮める働きがあり、筋肉痛、関節炎、リウマチにも役立つとされています。

女性ホルモンに似た働きもあり、月経痛や更年期障害にも有効です。

肌への効能

肌への効能 イメージ写真

ニキビや吹き出物の予防・改善に有効です。また、すり傷や切り傷などにも役立つとされています。

その他、肌を柔らかくし、しわの予防・改善にも役立ちます。

主な芳香成分

モノテルペン炭化水素類 α-ピネン、β-ピネン
セスキテルペンアルコール類 カジノール

注意事項

  • 妊娠中、授乳中の方は使用を避けましょう。
  • まれに皮膚刺激がある場合があるので、肌が弱い方は注意が必要です。

スポンサードリンク

香りの特徴

香りのグループ 樹脂系
揮発度 トップノート
香りの強さ 強い

相性の良い精油

おススメの使用方法

入浴、芳香浴、トリートメントなど。

購入の目安とポイント

10mlで2,500円~3,500円。

データ

学名 Ferula galbaniflua
英名 Galbanum
科名 セリ科
種類 多年草
抽出部位 樹脂
抽出方法 水蒸気蒸留法
主な産地 アフガニスタン、イスラエル、イラン、シリア、トルコ、レバノン
主な作用 強壮、去痰、駆風、催眠、鎮静、鎮痛、抗炎症、月経促進、

以上、「ガルバナムの効能」でした。参考になれば幸いです。