ゼラニウム

ハーブ系の香りの中に、ローズに似たフローラルな香り。

ローズに似た香りもつことで、「ローズゼラニウム」の別名をもっているゼラニウム。

ヨーロッパでは、ゼラニウムには悪霊を追い払う力があると信じられており、家の周りにゼラニウムを植える習慣がありありました。

現在でも、窓辺に赤いゼラニウムを飾る習慣が残っているそうです。

また、防虫効果があることで知られており、虫除けに効果が期待できる精油です。

では、ゼラニウムの心体への効能をみていきましょう。

スポンサードリンク

心への効能

心への効能 イメージ写真

副腎や視床下部に働きかけ、自律神経のバランスを調整する効果により、ストレス性の不調に効果的です。

情緒不安定や更年期障害などに効果が期待できます。

体への効能

体への効能 イメージ写真

ホルモン分泌を調整する作用により、女性特有の症状(生理痛、生理不順、PMS、更年期障害など)を緩和する効果が期待できます。

利尿作用により、体内の余分な水分や老廃物を排出する作用があるので、むくみや肥満の解消に効果的です。

肌への効能

肌への効能 イメージ写真

皮脂バランスを調整する作用があり、乾燥肌と脂性肌のどちらとも使え、肌に潤いを与えるのに効果があります。

また、シミやシワの予防や、肌の若返り効果など、スキンケアにむいている精油です。血行を促進し、顔色が良くなる効果も。

その他、抗菌、抗真菌、抗ウイルス、細胞促進、止血、防虫作用などもあります。

主な芳香成分

モノテルペンアルコール類 シトロネロール(20~40%)
ゲラニオール(10~20%)
リナロール(5~15%)
エステル類 蟻酸シトロネリル(5~10%)
ケトン類 イソメントン(~10%)

主要成分はモノテルペンアルコール類です。シトロネロールやゲラニオール、リナロールなどローズと共通の成分が含まれている精油で、作用も似ています。

注意事項

  • 妊娠中は使用を避けましょう。
  • まれに肌に刺激があるため、敏感肌の方はご注意ください。

高品質で、安くてお得なブランドは?

ゼラニウムの精油なら、群馬県の猿ヶ京温泉の老舗宿「旅籠屋丸一」のプライベートブランドである「ナチュラルアロマ」の精油がおすすめです。

製造元は、アロマテラピーの本場であるフランスのパイヤンベルトランド社です。

製造開始から1時間以内に抽出されたエクストラと呼ばれる高品質な精油を使用。なのに、価格は10mlで1,300円~2,600円のリーズナブルな価格で提供されています。

スポンサードリンク

香りの特徴

香りのグループ フローラル系
揮発度 ミドルノート
香りの強さ 強い

相性の良い精油

ゼラニウムはやや重たい香りなので、香りが強いと感じる場合には、ペパーミントラベンダーグレープフルーツベルガモット等とブレンドがおススメです。

おススメの使用方法

入浴、芳香浴、ヘアケア、トリートメント、スキンケアなど。

購入の目安とポイント

10mlで3,000円~4,000円。

世界各地で栽培・栽油されていますが、産地により香りや成分が多少異なりますので、購入前にはよく確認しましょう。マダガスカル島、レユニオン島、エジプト産が一般的です。

データ

学名 Peelargonium graveolens / Pelargonium odoratissimum
英名 Geranium
科名 フウロソウ科
種類 多年草
別名 ローズゼラニウム
和名 ニオイテンジクアオイ
抽出部位 花、葉
抽出方法 水蒸気蒸留法
主な産地 マダガスカル島、レユニオン島、エジプトなど。

以上、「ゼラニウムの効能」でした。参考になれば幸いです。