カヤ

ユズのような柑橘系の爽やかな香り

日本の東北地方から屋久島にかけて自生する常緑針葉樹「カヤ」。ユズのような柑橘系の香りの中に、森林のような香りがある和の精油です。

精油は果実から採油されていますが、木は耐久性や保存性が良いことから、高級の碁盤や将棋盤などに使用されています。

漢方では、カヤの実を便秘や食欲不振、虫下しとして利用されてきたといいます。

では、カヤの心体への効能をみていきましょう。

スポンサードリンク

心への効能

心への効能 イメージ写真

成分として、柑橘類に含まれている成分「リモネン」や「ピネン」が、全体の約80%を占めており、リフレッシュやリラックス効果が期待できます。

気持ちを切り替えたいときや、怒りやイライラ、ストレスを抱えている心をリラックスさせたいときに有効です。

主な芳香成分

モノテルペン炭化水素類 リモネン、α-ピネン、α-テルピネン

注意事項

  • 妊娠中や授乳中の方は、使用を避けましょう。

スポンサードリンク

香りの特徴

香りのグループ 柑橘系
揮発度 ミドルノート
香りの強さ 強め

相性の良い精油

柑橘系樹木系の精油と相性がいいです。

おススメの使用方法

入浴、芳香浴、トリートメント、など。

購入の目安とポイント

1mlで1,000円~2,000円。

データ

学名 Torreya nucifera
英名 Kaya
科名 イチイ科 カヤ属
種類 常緑針葉樹
抽出部位 果実
抽出方法 水蒸気蒸留法
主な産地 日本(高知県)
主な作用 鎮静

以上、「カヤの効能」でした。参考になれば幸いです。