ラバンディン

刺激的でシャープなラベンダーの香り♪

ラバンディンは、ラベンダーとスパイク・ラベンダーの交配種です。ラベンダーとスパイク・ラベンダーよりも大きな花を咲かせ、その上、丈夫な植物です。

ラベンダーと似た香りと効能をもっており、ラベンダーには無いカンファーを含んでいるので、シャープで刺激的な香りがします。

以前は、ラベンダーの香りを強めるために使用されていましたが、現在では、香りと効能が認められ、アロマテラピーで利用されるようになりました。

では、ラバンディンの心体への効能をみていきましょう。

スポンサードリンク

心への効能

心への効能 イメージ写真

ラベンダーよりは鎮静作用がありませんが、ラベンダーに含まれていない刺激的な香りのカンファーが含まれています。

その為、気分転換や集中力アップなど、リフレッシュ効果が期待できます。

体への効能

体への効能 イメージ写真

鎮痛作用などにより、こわばった筋肉をほぐす作用があり、筋肉痛やリマウチ、頭痛や偏頭痛などに有効です。

肌への効能

肌への効能 イメージ写真

抗炎症、癒傷作用によって、皮膚の炎症や傷の回復、軽い火傷などに効果的です。

主な芳香成分

モノテルペンアルコール類 リナロール(25~35%)
テルピネン-4-オール(~5%)
オキサイド類 1,8-シネオール(5~10%)
ケトン類 カンファー(5~10%)
エステル類 酢酸ラバンデュリル(微量)

主要成分はモノテルペンアルコール類のリナロールとエステル類の酢酸リナリルで、ラベンダーと成分が似ています。ケトン類のカンファーが含まれている為、シャープなラベンダーの香りがします。

注意事項

  • 妊娠中の方は使用を避けましょう。
  • 敏感肌の方は、肌への刺激がある場合がありますので、注意が必要です。

スポンサードリンク

香りの特徴

香りのグループ フローラル系
揮発度 ミドルノート
香りの強さ 中ぐらい

相性の良い精油

おススメの使用方法

入浴、芳香浴、ヘアケア、トリートメント、スキンケアなど。

データ

学名 Lavandula hybrida
英名 lavandin
科名 シソ科
種類 低木
別名 ラバンジン・スーパー
抽出部位 花と葉
抽出方法 水蒸気蒸留法
主な産地 フランス、イタリアなど。

以上、「ラバンディンの効能」でした。参考になれば幸いです。