レモンバーベナ

レモンに甘さを加えたような爽やかな香り♪

レモンバーベナは、南米を原産とするクマツヅラ科の落葉低木です。

葉にはレモンと同じ成分であるシトラールが含まれており、レモンのような香りがします。その為、肉や魚のにおい消しなどに使われています。

また、ヨーロッパではもともとフィンガーボールの水の香り付けにも使われており、現在では、ハーブティーとしても人気があります。

乾燥させた葉は香りが長く持つためポプリの材料として利用されています。

では、レモンバーベナの心体への効能をみていきましょう。 

スポンサードリンク

心への効能

心への効能 イメージ写真

鎮静作用により、疲れた心に安らぎを与えてくれます。ストレスなどで精神的に疲れているときや、リラックスしたいときに役立つ精油です。

また、高揚作用もあり、心をリフレッシュする働きもあります。疲れた心を癒して、明るい気分にする製油です。

体への効能

体への効能 イメージ写真

消化促進作用により、吐き気を抑える効果があります。また、抗炎症作用により、呼吸器系の炎症に効果があり、花粉症対策にも有効です。

さらに、リンパの流れをよくする効果もあり、むくみの解消に役立ちます。

肌への効能

肌への効能 イメージ写真

抗炎症作用、抗菌作用により、皮脂バランスを整えて、脂性肌やニキビなどに効果が期待できます。

また、含有成分のシトラールには抗ヒスタミン作用もあるとされており、痒みや湿疹にも効果が期待できます。

主な芳香成分

モノテルペン炭化水素類 リモネン(10~20%)
アルデヒド類 シトラール(15~35%)
オキサイド類 1,8-シネオール(~10%)

成分として、アルデヒド類のゲラにアールとネラールを含んでおり、抗菌、抗炎症、鎮痛作用があります。

注意事項

  • 皮膚刺激がありますので、敏感肌の方は注意しましょう。
  • 妊娠中の方は使用を避けましょう。

スポンサードリンク

香りの特徴

香りのグループ ハーブ系
揮発度 トップノート
香りの強さ 強い

相性の良い精油

おススメの使用方法

入浴、芳香浴、ヘアケア、トリートメント、スキンケアなど。

データ

学名 Lippia citriodora
英名 Lemon verbena
科名 クマツヅラ科
種類 落葉低木
別名 コウスイボク(香水木)、ボウシュウボク(防臭木)
抽出部位
抽出方法 水蒸気蒸留法
主な産地 フランス、モロッコなど。

以上、「レモンバーベナの効能」でした。参考になれば幸いです。