レモンの効能

レモン

フレッシュさあふれるレモンそのままの香り♪

フレッシュさあふれるレモンそのままの香りで、頭をスッキリとりリフレッシュしたいときにおすすめの精油です。

レモンには抗菌作用があることが古くから知られており、古代エジプト人は、肉や魚の腐敗防止、食中毒の解毒剤として利用してきました。

スポンサードリンク

心への効能

心への効能 イメージ写真

頭をスッキリとリフレッシュする働きがあり、集中力や記憶力、理解力を高める効果があるとされています。

仕事や勉強に集中したいときなどに効果が期待できます。

体への効能

体への効能 イメージ写真

血行をよくして体を温めて、老廃物を排出する効果があるとされており、冷え性やむくみの改善に有効です。

また、殺菌作用や消毒作用により、室内の空気を清浄化し、風邪やインフルエンザなどの感染症の予防になります。

その他、消化を促進させる作用もあり、消化不良にも有効です。

肌への効能

肌への効能 イメージ写真

荒れた唇、脂性肌、脂っぽい頭皮、爪のケアにおススメです。

主な芳香成分

モノテルペン炭化水素類 d-リモネン(60~70%)、α-ピネン(~3%)、β-ピネン(10~15%)、γ-テルピネン(5~15%)
アルデヒド類 シトラール(微量)

モノテルペン炭化水素類が主要成分で、リモネンは全体の60%以上を占めています。

香りの特徴

香りのグループ 柑橘系
揮発度 トップノート
香りの強さ 強い

相性の良い精油

集中力を高めたいときは、ペパーミントとブレンドすると、相乗効果が得られます。

おススメの使用方法

入浴、芳香浴、ヘアケア、トリートメント、スキンケアなど。

注意事項

  • 皮膚への刺激があるので、敏感肌の方は注意しましょう。
  • 高毒性があると言われていますので、肌への使用後は日光を避けましょう。

データ

学名 Citrus limon
科名 ミカン科
種類 高木
別名 -
抽出部位 果皮
抽出方法 圧搾法
主な産地 イタリア、アメリカ、スペイン、アルゼンチンなど。
主な作用 抗菌、抗ウイルス、健胃、消化促進、強壮、免疫強化など。

スポンサードリンク

アロマテラピーを学ぶ

おうちでレッスン!本格アロマテラピー講座

このページの先頭へ