リンデン

やや甘味のあるフローラル調の香り

リンデンは、樹高30m程の高さのある木で、ヨーロッパでは街路樹としてや、ハーブティーとして馴染み深い樹木です。

古くから、「千の用途をもつ木」としても知られており、ゲルマン民族は、リンデンを民族の象徴として崇めていました。

フランスをはじめヨーロッパでは、リンデンの花は「ティユル」と呼ばれ、リラックス効果による不眠症の改善や、消化不良の改善に役立つハーブティーとして親しまれています。

ローズ・アブソリュートと同様、貴重で高価な精油となります。

では、リンデンの心体への効能をみていきましょう。 

スポンサードリンク

心への効能

心への効能 イメージ写真

リンデンの精油はハーブティーと同様、リラックス効果に優れており、不眠症の改善に有効とされています。

不安や緊張、ストレスなどで眠れないときや、安眠したいときにオススメです。

体への効能

体への効能 イメージ写真

消化不良などの消化器系の不調に役立つとされています。また、発汗作用があり、熱を伴う風邪にも有効です。

鎮静作用があり、頭痛や偏頭痛の痛みの緩和にも役立つとされています。

主な芳香成分

セスキテルペンアルコール類 ファルネソール
モノテルペンアルコール類 ゲラニオール

注意事項

  • 妊娠中や授乳中の方は、使用を避けましょう。

スポンサードリンク

香りの特徴

香りのグループ ハーブ系
揮発度 トップノート
香りの強さ 中ぐらい

相性の良い精油

おススメの使用方法

入浴、芳香浴、トリートメント、など。

データ

学名 Tilia vulgaris / Tilia europaea
英名 Linden
科名 シナノキ科
種類 落葉高木
別名 セイヨウシナノキシ、西洋ボダイジュ、ライムツリー、ライムブロッサム
抽出部位
抽出方法 揮発性有機溶剤抽出法(アブソリュート)
主な産地 フランス
主な作用 鎮静、発汗、駆風

以上、「リンデンの効能」でした。参考になれば幸いです。