リツエアクベバ

レモンに似た爽やかでフルーティーな香り

レモングラスに似た、レモンのような香りがする「リツエアクベバ」。

「リツエアクベバ」には多くの呼び名があり、別名を「メイチャン」、「リツェア」、「リトセア」と呼ばれています。

また、ペッパー(こしょう)に似た果実を実らせ、それが中華料理に使われることから、「チャイニーズペッパー」とも呼ばれます。

中国では古くから、根や茎が、痛み止めや消化不良などの治療に用いられてきましたが、精油としての歴史は浅く、1950年代から利用されるようになりました。

では、リツエアクベバの心体への効能をみていきましょう。 

スポンサードリンク

心への効能

心への効能 イメージ写真

精神を鎮静する作用と刺激する作用があり、疲れた心を癒し、気分を高めてくれる効果が期待できます。

神経性の不安や緊張、ストレスをかかえているときなどに有効です。

体への効能

体への効能 イメージ写真

消化不良や、お腹にガスがたまって不快なときなどに有効とされています。

肌への効能

肌への効能 イメージ写真

抗菌、抗炎症作用があり、ニキビや皮膚炎に有効とされています。

また、脂性肌の皮脂バランスを整える働きもあり、脂性肌のケアにも役立ちます。

主な芳香成分

アルデヒド類 ネロール、ゲラニオール、シトラール
ケトン類 6‐メチル‐5‐ヘプテン‐2‐オン
モノテルペン炭化水素類 リモネン、シトロネロール、ゲラニオール

注意事項

  • 妊娠中や授乳中の方は、使用を避けましょう。

スポンサードリンク

香りの特徴

香りのグループ ハーブ系
揮発度 トップノート
香りの強さ 強い

相性の良い精油

おススメの使用方法

入浴、芳香浴、トリートメント、など。

購入の目安とポイント

10mlで1,500円~2,000円。

データ

学名 Litsea cubeba
英名 Litsea cubeba
科名 クスノキ科
種類 低木
別名 メイチャン、リツェア、リトセア、チャイニーズペッパー
抽出部位 果実
抽出方法 水蒸気蒸留法
主な産地 中国
主な作用 鎮静、刺激、抗菌、抗真菌、抗炎症、抗ウイルス

以上、「リツエアクベバの効能」でした。参考になれば幸いです。