ミモザ

濃厚なフローラル系の花の香り

ミモザの原料となる植物はフカアカシカといいます。

本来「ミモザ」はマメ科オジギソウ属の植物の名前ですが、「フカアカシカ」という植物が、「オジギソウ属のミモザ」と似ていて、間違って「ミモザ」と呼び出したことから、現在でもそのように呼ばれています。

精油に用いられている「ミモザ」は、「マメ科アカシア属のミモザ」です。

フカアカシカはオーストラリアが原産で、ヨーロッパには、19世紀頃に観賞用植物もしくは香料として持ち込まれて、現在野生化しています。

精油は主にフランスやモロッコで生産されています。

では、ミモザの心体への効能をみていきましょう。 

スポンサードリンク

心への効能

心への効能 イメージ写真

ストレスなどの神経性の不調に働きかける作用があり、不安や緊張、ストレスを感じている心を癒す効果があるとされています。

そのほか、抗うつ作用もあります。

体への効能

体への効能 イメージ写真

ストレスなどによる体の不調に対して有効とされています。

肌への効能

肌への効能 イメージ写真

皮脂の分泌を調整する作用があり、脂性肌やニキビ肌にも有効とされています。敏感肌の方も使用可。

注意事項

  • 妊娠中や授乳中の方は、使用を控えましょう。

スポンサードリンク

香りの特徴

香りのグループ フローラル系
揮発度 ベースノート
香りの強さ 強い

相性の良い精油

おススメの使用方法

芳香浴、スキンケア、など。

データ

学名 Acacia decurrens
英名 Mimosa
科名 マメ科 アカシア属
種類 常緑高木
抽出部位
抽出方法 溶剤抽出法(アブソリュート)
主な産地 フランス、モロッコ
主な作用 抗うつ、収れん、消毒

以上、「ミモザの効能」でした。参考になれば幸いです。