プチグレン

柑橘系のさわやかさにフローラルな甘さに木の香り♪

オレンジ・ビターからは3つの精油が抽出されます。果実からは「オレンジ・ビター」、花からは「ネロリ」、そして、葉や枝からは、この「プチグレン」です。

プチグレンとは「小さな粒」という意味で、もともと未熟で粒のようなオレンジの果実から抽出されていたことから、この名前が付いたと言います。

では、プチグレンの心体への効能をみていきましょう。 

スポンサードリンク

心への効能

心への効能 イメージ写真

鎮静作用により、プレッシャーや不安を感じているときに、それを乗り越える強さを与えてくれます。リフレッシュしたいときに。

中枢神経を抑制する働きもありますので、安眠にも効果的です。

体への効能

体への効能 イメージ写真

ストレスからくる消化器系や循環器系の不調(胃痛、下痢、便秘、動悸、不整脈、コレストロール過多)に有効です。

自律神経調整や免疫強化の作用もありますので、病後の回復や、アレルギー性の咳や喘息にも効果を発揮します。

肌への効能

肌への効能 イメージ写真

皮脂分泌を調整する作用があり、脂性肌を改善する効果が期待できます。

また、皮膚組織を再生する作用があり、シミやシワの予防、ニキビや傷を早く治したいときに有効です。

主な芳香成分

エステル類 酢酸リナリル(40~50%)
酢酸ゲラニル(~5%)
モノテルペンアルコール類 リナロール(20~25%)
α-テルピネオール(~10%)
モノテルペン炭化水素類 β-ピネン(5~15%)
オシメン(~5%)

酢酸リナリルやリナロールなど、鎮静、鎮痛作用のある成分が含まれています。

注意事項

  • 車の運転など、集中力を要するときは使用を避けましょう。

スポンサードリンク

香りの特徴

香りのグループ 樹木系
揮発度 トップノート
香りの強さ 中ぐらい

相性の良い精油

柑橘系にブレンドすると、香りに深みが出来ます。

おススメの使用方法

入浴、芳香浴、ヘアケア、トリートメント、スキンケアなど。

購入の目安とポイント

10mlで1,500円~3,000円。

プチグレンは、一般的にビター・オレンジの葉や枝から抽出された精油ををいいますが、ベルガモットやマンダリン、レモンの葉や枝から抽出された精油も「プチグレン」と呼ばれることがあります。それぞれ香りや作用は異なりますので、購入の際には確認いたしましょう。

データ

学名 Citrus aurantium
英名 Petitgrain
科名 ミカン科
種類 高木
和名 ダイダイ(橙)
抽出部位 葉と枝
抽出方法 水蒸気蒸留法
主な産地 スペイン、フランスなど。

以上、「プチグレンの効能」でした。参考になれば幸いです。