スペアミント

ペパーミントよりも甘みのあるハッカの香り♪

ペパーミントと共に人気のあるスペアミント。

スペアミントが親しまれてきた歴史は古く、古代ギリシアでは、お風呂に入れて使われており、また、中世ヨーロッパでは、口腔のケアに使われていました。

現在でも、歯磨き粉を始め、お菓子やお茶、リキュールなどの香り付けに使われています。

では、スペアミントの心体への効能をみていきましょう。 

スポンサードリンク

心への効能

心への効能 イメージ写真

刺激作用があるため、心が疲れているときに、元気・活力を与えてくれて、心をリフレッシュさせる効果が期待できます。

気持ちを切り替えたいときや、頭をスッキリさせたいときにもオススメです。

体への効能

体への効能 イメージ写真

消化器系の不調に働きかけ、便秘や下痢などにも有効です。また、頭痛の緩和にも役立つとされています。

その他、乗り物酔いや二日酔いにも有効とされています。

肌への効能

肌への効能 イメージ写真

止痒(しよう)作用により、虫刺されなどの、肌のかゆみを和らげる効果が期待できます。

また、抗炎症作用により、ニキビの予防・改善にも有効です。

主な芳香成分

ケトン類 ℓ-カルボン(60~70%)
モノテルペン炭化水素類 リモネン(5~25%)

注意事項

  • 皮膚刺激があるので、使用量には十分に注意しましょう。
  • 妊娠中は使用を避けましょう。

スポンサードリンク

香りの特徴

香りのグループ ハーブ系
揮発度 トップノート
香りの強さ 中ぐらい

相性の良い精油

おススメの使用方法

入浴、芳香浴、ヘアケア、トリートメント、スキンケアなど。

購入の目安とポイント

10mlで1,500円~3,000円。

データ

学名 Mentha spicata
英名 Spearmint
科名 シソ科 ハッカ属
種類 多年草
別名 ミドリハッカ、オランダハッカ、チリメンハッカ
抽出部位 全草
抽出方法 水蒸気蒸留法
主な産地 インド、アメリカなど。

以上、「スペアミントの効能」でした。参考になれば幸いです。