スパイクナード

甘く重い土のような香り

高度3,000~5,000mのヒラヤマ山脈に自生するスパイクナード。別名を「ナルデ」とも呼ばれています。

スパイクナードは古くから歴史の有るオイル。

「ナルドの香油」としても有名で、聖書「ヨハネによる福音書」には、マグダラのマリアが最後の晩餐の前に、非常に高価な香油をイエス・キリストの足に塗って、自らの髪で足をぬぐったということが記されています。

ムガール帝国の王妃は、肌の若返りに用いていたとのことです。

では、スパイクナードの心体への効能をみていきましょう。

心への効能

心への効能 イメージ写真

鎮静作用があり、不安や緊張、ストレスを感じている心を、穏やかにする働きがあります。精神的に辛いときなどに役立ちます。

また、安眠効果もあるとされています。

主な芳香成分

セスキテルペン炭化水素類 α-パチュレン、β-グルジョネン
ケトン類 1-ハイドロキシアリストロレネロン
セキステルペンアルコール類 パチュリアルコール

注意事項

  • 妊娠中、授乳中の使用は避けましょう。

香りの特徴

香りのグループ オリエンタル系
揮発度 ベースノート
香りの強さ 強い

相性の良い精油

おススメの使用方法

芳香浴、など。

データ

学名 Nardostachys jatamansi
英名 Spikenard
科名 オミナエシ科
種類 多年草
別名 ナルデ、甘松香(かんしょうこう)、甘松
抽出部位
抽出方法 水蒸気蒸留法
主な産地 インド、ネパール、チベット
主な作用 鎮静、抗炎症

以上、「スパイクナードの効能」でした。参考になれば幸いです。