セントジョンズワート

やや甘味のある深いハーブ調の香り

ヨーロッパから中央アジアに自生する多年草「セントジョンズワート」。

古くから殺菌や鎮痛作用が知られており、痛み止めとしてや、切り傷、火傷などの治療として利用されてきました。

また、中世ヨーロッパでは、魔よけのお守りとして、玄関や窓に吊るされていたといいます。

セントジョーンズワートの名前の由来は、聖ヨハネ(セントジョン)の日である6月24日頃に、黄色い花が咲き、収穫されていたため、この名がつけられたと言われています。

近年の研究では、抗うつ作用があることが報告されており、ハーブの先進国ドイツでは、抗うつ薬よりも効果があるとして、注目を浴びています。

では、セントジョンズワートの心体への効能をみていきましょう。 

スポンサードリンク

心への効能

心への効能 イメージ写真

他のハーブには無いセントジョンズワート特有の「ヒペリシン」という成分が含まれており、うつ症状や不眠症の改善に効果があるとされています。

不安やストレスといった症状に対しても有効です。

ハーブの先進国であるドイツでは、うつ病に対してセントジョンズワートが抗うつ薬よりも効果があるとして、錠剤やティーなどで活用されています。

主な芳香成分

モノテルペン炭化水素類 α-ピネン、β-ピネン
その他 ヒペリシン

注意事項

  • 妊娠中や授乳中の方は、使用を避けましょう。
  • 厚生労働省から、以下の医薬品と併用すると、薬の効果が減少するため、同時に摂取しないように情報提供されている。インジナビル(抗HIV薬)、ジゴキシン(強心薬)、シクロスポリン(免疫抑制薬)、テオフィリン(気管支拡張薬)、ワルファリン(血液凝固防止薬)、経口避妊薬。セント・ジョーンズ・ワートと
    医薬品の相互作用について

スポンサードリンク

香りの特徴

香りのグループ ハーブ系
揮発度 ミドルノート
香りの強さ 中~強め

相性の良い精油

おススメの使用方法

芳香浴など。

購入の目安とポイント

10mlで9,000円~12,000円。

データ

学名 Hypericum perforatum
英名 St. John’s wort
科名 オトギリソウ科
種類 多年草
別名 オトギリソウ、ハイペリカム
和名 セイヨウオトギリソウ(西洋弟切草)
抽出部位 花、葉
抽出方法 水蒸気蒸留法
主な産地 フランス
主な作用 抗うつ、鎮静

以上、「セントジョンズワートの効能」でした。参考になれば幸いです。