バレリアン

やや甘味のあるウッディーな香り

古代ギリシャ時代から「神の睡眠薬」と呼ばれ、不眠症に利用されてきたバレリアン。

バレリアンの名前の由来は、ラテン語で「健康(valere)」からきており、中セでは万能薬として使われてきた歴史があります。

では、バレリアンの心体への効能をみていきましょう。 

スポンサードリンク

心への効能

心への効能 イメージ写真

優れた鎮静作用があり、不眠症の改善や、不安感、ヒステリーを鎮める働きがあり、ストレスにも有効です。

ドイツやフランス、ベルギーでは、これらの症状に効果的と認められており、治療薬として利用されています。

体への効能

体への効能 イメージ写真

鎮痛作用があり、頭痛や偏頭痛、生理痛などの痛みにも有効です。

また、高ぶった神経を落ち着かせる働きがあるため、ストレスや緊張などからくる体の不調にも、効果が期待できます。

肌への効能

肌への効能 イメージ写真

漢方では、すり傷に効果がある薬草として、利用されています。

主な芳香成分

エステル類 酢酸ボルニル
モノテルペン炭化水素類 カンフェン、α-ピネン

注意事項

  • 妊娠中、授乳中の方は使用を避けましょう。
  • 刺激が強いため、使用量には注意しましょう。

スポンサードリンク

香りの特徴

香りのグループ ハーブ系
揮発度 ミドル~ベースノート
香りの強さ 強い

相性の良い精油

おススメの使用方法

芳香浴、etc…

データ

学名 Valeriana officinalis
英名 Valerian
科名 オミナエシ科
種類 多年草
和名 セイヨウカノコソウ
抽出部位
抽出方法 水蒸気蒸留法
主な産地 朝鮮半島、中国、インド、ベルギー、クロアチア
主な作用 鎮静、神経バランス調整、鎮痛、鎮痙、血圧降下、etc…

以上、「バレリアンの効能」でした。参考になれば幸いです。