バイオレットリーフ

森林の緑のような爽やかな香り

ヨーロッパおよびアジアの一部が原産で、古くから薬草として使われてきた歴史のある植物「バイオレットリーフ」。

16世紀に入ってからフランスにもたらされ、あのマリー・アントワネットやナポレオンが、香りを愛用していたと言います。

和名を「ニオイスミレ」と呼び、この植物の葉から溶剤抽出法にて精油が採取されています。採油量が少なく、大変貴重で高価な精油です。

では、バイオレットリーフの心体への効能をみていきましょう。 

スポンサードリンク

心への効能

心への効能 イメージ写真

催眠作用があり、不眠症の改善に役立つとされています。

また、鎮静作用もあり、怒りやイライラを静めるのに有効です。不安や緊張などの負の感情で、神経が疲れたときにも役立ちます。

体への効能

体への効能 イメージ写真

おだやかな鎮痛作用があり、頭痛に効果が期待できます。

また、口や喉の炎症、気管支炎などの呼吸器系の不調にも有効です。

そのほか、催淫(さいいん)作用があると言われており、性欲障害にも効果が期待できます。

肌への効能

肌への効能 イメージ写真

抗炎症作用により、炎症によるかゆみの緩和に効果が期待できます。

主な芳香成分

エステル類 パルミチン酸エステル

注意事項

  • 妊娠中や授乳中の方は、使用を避けましょう。
  • 皮膚刺激の可能性があるため、肌への使用は避けたほうが無難です。

スポンサードリンク

香りの特徴

香りのグループ フローラル系
揮発度 ミドルノート
香りの強さ 中~強い

相性の良い精油

おススメの使用方法

芳香浴など。

購入の目安とポイント

10mlで30,000円~40,000円。

データ

学名 Viola odorata
英名 Violet Leaf
科名 スミレ科 スミレ属
種類 多年草
和名 ニオイスミレ
抽出部位
抽出方法 溶剤抽出法(アブソリュート)
主な産地 フランス、エジプト、イタリア、中国
主な作用 鎮静、鎮痛、催淫(さいいん)、催眠、抗炎症、利尿、

以上、「バイオレットリーフの効能」でした。参考になれば幸いです。