1.8-シネオールとは、精油に含まれる芳香成分の一つで、C15H18Oの分子構造を持つ、オキサイド類(酸化物類)に分類されます。

読み方は「イチハチ・シネオール」などと呼ばれています。

1.8-シネオールには、主に以下の作用があります。

  • 去痰作用
  • 抗菌作用
  • 抗ウイルス作用
  • 抗炎症作用
  • 免疫調整作用

これらの作用があることから、風邪やインフルエンザ、喉や鼻の不調、花粉症の改善など、呼吸器系のトラブルに対して有用だといわれています。

以下は、1.8-シネオールを含む精油をご紹介させていただきます。

スポンサードリンク

1.8-シネオールが含まれている精油

成分の含有量が多い順に掲載しています。

精油名 含有量
ユーカリ・グロブルス 70~90%
ユーカリ・ラディアータ 60~70%
タイムマストキナ 60~70%
カユプテ 50~60%
ローレル 50~60%
ラヴィンサラ 50~60%
ローズマリー・シネオール 45~60%
ニアウリ・シネオール 45~55%
カルダモン 30~40%
マートル 20~30%
ゲットウ 10~20%
アンジェリカルート 10~15%
ローズマリー・ベルベノン 5~15%
セージ 5~10%
バジル 5~10%
ペパーミント 5~10%
ラバンディン 5~10%
レモンバーベナ ~10%
ティートリー ~5%

以上、「1.8-シネオールを含む精油」でした!