シトラールとは、精油に含まれる芳香成分の一つで、ゲラにアールとネラールを合わせて「シトラール」と呼ばれます。

C10H16Oの分子式を持つ、テルペンアルデヒド類に分類されます。

主にレモングラスやメリッサ(レモンバーム)に含まれており、強いレモンのような香りがし、抗菌作用に優れているのが特徴です。

シトラールには、主に以下の作用があります。

  • 抗菌作用
  • 抗真菌作用
  • 抗炎症作用
  • 抗ヒスタミン作用
  • 抗がん作用
  • 鎮痛作用
  • 鎮静作用

シトラールには皮膚刺激があるので、使用量には注意が必要です。

希釈した精油でも、皮膚感作(精油を用いて起きるアレルギー反応で、発疹や炎症、水ぶくれなど)を引き起こす可能性があります。(d-リモネンが共存すると、弱められます。)

使用量や濃度には十分に注意しましょう。

以下は、シトラールを含む精油をご紹介させていただきます。

スポンサードリンク

シトラールが含まれている精油

成分の含有量が多い順に掲載しています。

精油名 含有量
レモングラス 70~80%
メリッサ(レモンバーム) 35~45%
レモンバーベナ 15~35%
オレンジ・スイート 微量
グレープフルーツ 微量
ユズ 微量
レモン 微量

以上、「シトラールを含む精油」でした!