オイゲノールとは、精油に含まれる芳香成分の一つで、C10H12O2の分子式を持つ、フェノール類に分類されます。

オイゲノールには、主に以下の作用があります。

  • 抗菌作用
  • 抗ウイルス作用
  • 鎮痛作用
  • 防虫作用
  • 免疫賦活作用
  • 鎮痙作用
  • 抗ヒスタミン作用

抗菌作用や抗ウイルス作用が強いのが特徴で、風邪の予防などに効果を発揮します。

また、防虫効果もあり、特にゴキブリが嫌う香りだといわれています。

ただ、フェノール類は皮膚刺激や肝毒性があるため、使用量など注意が必要です。

以下は、オイゲノールを含む精油をご紹介させていただきます。

スポンサードリンク

オイゲノールが含まれている精油

成分の含有量が多い順に掲載しています。

精油名 含有量
クローブ 75~85%
オイゲノール 70~80%
バジル・リナロール 5~10%
ローズ 微量
ローズオットー 微量

以上、「オイゲノールを含む精油」でした!