精油の香りは、大きく分けて下記の7つの系統に分類することができます。

同じグループの精油同士は香りの相性がいいので、ブレンドがしやすいです。

このページでは、香りの7つの分類をご紹介させていただきます。

スポンサードリンク

柑橘系

柑橘系 イメージ写真

柑橘系の果物や、柑橘系の果物に似た香りを持つハーブから抽出されています。みずみずしくさわやかな甘い香りで、年齢や男女を問わず人気があります。

アロマテラピー初心者の方には、柑橘系のアロマオイルがおススメです。

樹木系

樹木系 イメージ写真

樹木系のアロマオイルは、樹木の葉や枝、樹皮などから抽出されています。

まるで、森の中にいる様な爽やかですがすがしい香りです。リラックス効果が高いのが特徴です。

ハーブ系

ハーブ系 イメージ写真

ハーブ系のアロマオイルは、ハーブの花や葉から精油を抽出されています。やわやかで清涼感のあるスッキリとした香りです。

効能の面では、呼吸器系に作用するものが多数あります。

フローラル系

フローラル系 イメージ写真

フローラル系のアロマオイルは、主に花から抽出されています。

甘くて華やかな香りで、優しくエレガントなイメージ。女性が好む香りが多いです。

オリエンタル系

オリエンタル系 イメージ写真

異国情緒が漂う、東洋の神秘的なイメージでエキゾチックな香りです。

単独では、少し個性的な香りが多いので、ブレンドすることによって効果的にバランスの取れた印象になります。

樹脂系

樹脂系 イメージ写真

樹脂系のアロマオイルは、木の樹脂から抽出されます。重厚で甘さを持った、心が癒される香りです。

香りの持続性が高いベースノートの香りが多いです。

スパイス系

スパイス系 イメージ写真

料理のスパイスとしてお馴染みの香辛料から抽出されています。香辛料を原料とするスパイシーで刺激的な香りです。

この刺激的な香りが、他のグループとのブレンドによって、香りにアクセントを付けることが出来ます。