アロマオイルをブレンドする方法

ブレンド 写真

アロマテラピーの楽しさの一つである精油のブレンド。

精油は1種類だけでも十分な効能を持ち合わせていますが、2、3種類をブレンドすることによって、思いがけない香りのハーモニーが生まれ、相乗効果が期待でます。

ブレンドに挑戦してオリジナルの精油が作れるようになれば、アロマテラピーがもっと楽しくなります。

このページでは、ブレンドするときに知っておきたい基礎知識や、「ブレンドが上手くいくコツ」などをご紹介させていただきます。

スポンサードリンク

ブレンドの基礎知識

まずはブレンドの基礎知識として、以下の3つを順にご紹介させていただきます。

  1. 香りのノート(揮発速度)
  2. 香りの強弱
  3. 香りの7つの分類

1.香りのノート(揮発速度)

精油はそれぞれ、揮発速度(香り始める速度)や、持続時間(香り続ける時間)が異なります。

これらの違いは「ノート」と呼ばれており、揮発速度が速い順からトップノート、ミドルノート、ベースノートの3つに分類されています。

ちなみに、このノートは、19世紀にフランスの調香師ピエスが分類したと言われています。

精油をブレンドするときは、これらの3種類をバランスよく配合することが大切です。目安として、トップ:ミドル:ベース=2:2:1の比率でブレンドするとよいでしょう。

そうすれば、最初にトップノートの香りが広がり、その後、ミドルノート、ベースノートの順で漂ってきます。時間の経過と共に香りの変化を楽しむことができ、そして持続時間も長くなります。

トップノート

揮発速度が最も速く、最初に広がる「先立ち」の香りです。10~30分程度で香りは消えてしまいますが、第一印象を与える大切な香りです。

逆にトップノートが無ければ、印象の弱い香りとなってしまいます。

ミドルノート

トップノートの香りが消える頃に、ミドルノートの香りが立ち上がってきます。

香りの持続時間は30分~2時間程度で、中心的な役割を果たす大切な香りです。

ベースノート

揮発速度が最も遅く、2時間~半日ほど香りが持続します。ブレンドした香りの持続性も高めるため、保留材としての役割も果たします。

落ち着いた香りのものが多く、深みと安定感を与えてくれます。

2.香りの強弱

精油の香りには強弱があります。同じ1滴でも強く香るものから、ほのかに香るものまで、種類によって様々です。

強いもの同士を組み合わせると香りがきつくなり、逆に、弱いもの同士では薄い印象の香りになります。

ブレンドするときには、香りの強弱を考えて、双方のバランスを取ることが大切です。

強い

アンジェリカルート、クローブ、ジャスミン、セージ、タイム、ティートリー、ネロリ、パルマローザ、ベチバー、ペパーミント、レモン、レモングラス、ローズオットーなど。

イランイラン、オレンジ・スイートカモミール・ジャーマン、カモミール・ローマン、ジンジャー、ゼラニウム、パチュリ、ヒノキ、ブラックペッパー、フェンネル、ミルラなど。

弱い

サンダルウッド、サイプレス、ジュニパーベリー、ニアウリ、フランキンセンス、ベルガモット、ベルガモット、ラベンダー、ローズウッドなど。

スポンサードリンク

3.香りの7つの分類

精油の香りは、大きく分けて下記の7つの系統に分類することができます。

同じグループの精油同士は香りの相性がいいので、ブレンドがしやすいです。

柑橘系

柑橘系 イメージ写真

柑橘系の果物や、柑橘系の果物に似た香りを持つハーブから抽出されています。みずみずしくさわやかな甘い香りで、年齢や男女を問わず人気があります。

アロマテラピー初心者の方には、柑橘系のアロマオイルがおススメです。

樹木系

樹木系 イメージ写真

樹木系のアロマオイルは、樹木の葉や枝、樹皮などから抽出されています。

まるで、森の中にいる様な爽やかですがすがしい香りです。リラックス効果が高いのが特徴です。

ハーブ系

ハーブ系 イメージ写真

ハーブ系のアロマオイルは、ハーブの花や葉から精油を抽出されています。やわやかで清涼感のあるスッキリとした香りです。

効能の面では、呼吸器系に作用するものが多数あります。

フローラル系

フローラル系 イメージ写真

フローラル系のアロマオイルは、主に花から抽出されています。

甘くて華やかな香りで、優しくエレガントなイメージ。女性が好む香りが多いです。

オリエンタル系

オリエンタル系 イメージ写真

異国情緒が漂う、東洋の神秘的なイメージでエキゾチックな香りです。

単独では、少し個性的な香りが多いので、ブレンドすることによって効果的にバランスの取れた印象になります。

樹脂系

樹脂系 イメージ写真

樹脂系のアロマオイルは、木の樹脂から抽出されます。重厚で甘さを持った、心が癒される香りです。

香りの持続性が高いベースノートの香りが多いです。

スパイス系

スパイス系 イメージ写真

料理のスパイスとしてお馴染みの香辛料から抽出されています。香辛料を原料とするスパイシーで刺激的な香りです。

この刺激的な香りが、他のグループとのブレンドによって、香りにアクセントを付けることが出来ます。

隣同士のグループも相性が良い!

同じグループだけでなく、下図の隣同士のグループも香りの相性がいいので、参考にすると良いでしょう。

例えば、「ハーブ系」のアロマオイルと相性が良いのは、「柑橘系」と「樹木系」。「フローラル系」と相性がいいのは「柑橘系」と「オリエンタル系」といった感じです。

これを知っていると、ブレンドする精油を選びやすくなります。

ブレンド実践編

ブレンドの基礎知識を学んだ後は、いよいよ実践です。

ブレンドの方法としては、ムエット(試香紙)に精油を1敵ずつ落として、香りを確認していくとやりやすいです。ムエットがなくても画用紙を10cm×1cmくらいに切ったものでも代用できます。

デパートなどで香水を選ぶときの要領で、ブレンドを楽しんでいきましょう。

  • ブレンドはなるべく午前中に行いましょう。(頭と臭覚がクリアだからです。)
  • 空腹時や食後はなるべく避けるようにしましょう。(臭覚に違いがでます。)

①.まずはメインの精油を選ぶ

まずは、メインとする精油を選びます。好きな香りを選んだり、何か症状を改善したいときは、その目的に合った精油を選びましょう。

大切なことは、自分が心地が良いと感じる精油を選ぶことです。いくら症状に合った精油だからといって、自分が好まない香りを選んでいては、精神面への効果が薄れてしまいます。

あなたの目的に合った精油の中で、心地がいいと思う香りはどれでしょうか?

②.次にブレンドする精油を選ぶ

メインとなる精油が決まったら、その精油と作用が似たものや、作用を補うものを選びましょう。

そのときに、基礎知識で学んだ「香りのノート」や「香りの強弱」、「香りのグループ」を参考にしながらブレンドしていくと、思いがけない素敵な香りが生まれることでしょう。

色々な香りを調合しながら、2滴、3滴とブレンドしていきましょう。

ブレンドはインスピレーションが大切

以上、アロマオイルをブレンドする方法をご紹介させていただきましたが、ブレンドするときに一番大切なことは、結局のところインスピレーションだと思います。

もちろん、「香りのノート」や「香りの強弱」、「香りのグループ」などの基礎知識も大切ですが、それよりも、あなたの直感で、あなたが心地の良いと思える精油を作ることが、心身へ何よりの効果をもたらしてくれることでしょう。

インスピレーションを大切にし、アロマテラピーの効果を最大限に引き出しましょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ