アジョワンの効能

アジョワン

シャープでスパイシー、タイムによく似た香り。

アジョワンは、インディアン・キャラウェイの一種で、インドが原産地の一年草の植物です。

姿はパセリによく似ており、種子の形もパセリシードに似ています。

種子はそのままの状態ではほとんど芳香はないが、砕くとタイムに似た香りがします。

インド料理には欠かせないスパイスで、カレー粉や整腸剤などの薬理用として利用されています。

古くはチモールの原料として大切なものであったが、合成原料の登場で、取って替わられました。

では、アジョワンの心体への効能をみていきましょう。 

スポンサードリンク

心体への効能

心への効能 イメージ写真

アジョワンの精油には、抗菌、抗真菌、防腐、駆風作用などがあるとされているが、アロマテラピーでは使用されることはまれです。

料理のスパイス以外では、あまり需要がありません。

主な芳香成分

フェノール類 チモール(40~60%)
モノテルペン炭化水素類 β-ピネン
α-ピネン
リモネン
モノテルペンアルコール類 γ-テルピネン
テルピネン-4-オール

注意事項

  • フェノール類が多いため、粘膜、皮膚を刺激する可能性があります。
  • チモールの含有量が多いため、妊娠中の使用は避けましょう。

スポンサードリンク

香りの特徴

香りのグループ スパイス系
揮発度 ミドルノート
香りの強さ 強い

おススメの使用方法

アロマテラピーで使用されるこは、まれです。

データ

学名 Trachyspermum ammi
英名 Ajowan
科名 セリ科
種類 一年草
別名 カロムアジュワン
抽出部位 種子
抽出方法 水蒸気蒸留法
主な産地 インド、エジプト、アフガニスタンなど。
主な作用 抗菌、抗真菌、抗ウイルス、消毒、強壮刺激、免疫刺激、駆風、抗ヒスタミンなど。

以上、「アジョワンの効能」でした。参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

このページの先頭へ