ビターアーモンド

マジパンに似た独特な、むせるような香り

アロマでアーモンドと言えば、キャリアオイルのスイート・アーモンドオイルが有名ですが、アロマオイルの方ではビターアーモンドオイルというものがあります。

ただ、現在アロマテラピーでは使用されておらず、主に食品やお菓子のフレーバーとして利用されています。

アーモンドの木はスイートとビターの2種類があります。

スイートおよびビターのアーモンドナッツを圧搾したものがスイートアーモンドオイルで、精油が抽出されるのはビターのみです。

精油は、生産の過程にて毒性のある青酸が発生し、除去してから出荷されています。ちなみに、スイートアーモンドオイルには青酸はいっさい含まれていません。

ビターアーモンドは、古くから抗菌や防腐作用があることから、防腐剤として使用されていた歴史があります。

心体への効能

心への効果・効能
抗菌、抗真菌、抗ウイルス、防腐、麻酔作用などがあるとされていますが、前述したように、現在、アロマテラピーでは使用されていません。

主に食品やお菓子などのフレーバーとして利用されています。

主な芳香成分

アルデヒド類 ベンズアルデヒド(95%以上)

注意事項

  • 使用実績はないが、皮膚刺激が非常に強い為、注意が必要です。

香りの特徴

香りのグループ スパイス系
揮発度 ミドルノート
香りの強さ

おススメの使用方法

主に食品やお菓子などのフレーバーとして利用されています。

基本データ

学名 Prunus amygdalus Batsch var. amara
英名 Bitter almond
科名 バラ科
抽出部位 種子(仁)
抽出方法 水蒸気蒸留法
主な産地 フランス、アメリカ、イタリア、スペイン
主な作用 抗菌、抗真菌、抗ウイルス、防腐、麻酔など。

以上、「ビターアーモンドの効能」でした。参考になれば幸いです。