オニオン

タマネギの独特な香り

タマネギとして普段から食されているオニオン。

精油は心地よい香りではないため、現時点ではアロマテラピーでは使用されていません

主に、肉やドレッシング、酒類、ソフトドリンクなどや、一部医薬品として使われています。

オニオンは、古くから医療目的で利用されてきた歴史のある植物で、抗菌、抗ウイルス作用などがあり、風や感染症の予防に役立ちます。

また、浄血作用などから、血液をさらさらにする働きもあり、動脈硬化の予防にも役立ちます。

では、オニオンの心体への効能をみていきましょう。 

スポンサードリンク

心への効能

心への効能 イメージ写真

どちらかと言うと、不快な香りです。

心への効能が記述されている文献は、見当たりませんでした。

体への効能

体への効能 イメージ写真

食品と同じように、血液をサラサラにする効果が期待できます。

肌への効能

肌への効能 イメージ写真

皮膚刺激が非常に強いため、肌への使用は絶対に禁物です。

主な芳香成分

その他 ディプロピルディサルファイド(35~45%)
ディプロピルトリサルファイド(25~35%)
メチルプロピルトリサルファイド(~15%)

注意事項

  • アロマテラピーでは使用しない。
  • 皮膚刺激が非常に強いため、肌への使用は絶対しない。

スポンサードリンク

香りの特徴

香りのグループ スパイス系
揮発度 ミドル~ベースノート
香りの強さ 強い

データ

学名 Allium cepa
英名 Onion
科名 ユリ科 ネギ属
種類 多年草、もしくは二年草
別名 タマネギ、コモンオニオン
抽出部位 鱗形(球根)
抽出方法 水蒸気蒸留法
主な産地 ユーゴスラビア、中国、フランス、ドイツ、エジプト、メキシコ
主な作用 抗菌、抗真菌、抗ウイルス、浄血、駆虫など。

以上、「オニオンの効能」でした。参考になれば幸いです。