マスタード

からしのピリッとした刺激的な香り

マスタードの精油は、種子から水蒸気蒸留法にて抽出されます。

マスタードは、精油の中で毒性が最も高いといわれており、粘膜刺激や皮膚刺激があります。

よって、アロマテラピーでは使用されずに、主に調味料やソースなどの食品に使われています。

マスタードの種子は、古くから薬や調味料として利用されてきた歴史があります。

多くの薬理作用があるとされ、消化促進や食欲増進をはじめ、腰痛や関節炎、リウマチ、こり、その他にも痛みの緩和に対しても役立つとされています。

マスタードの種類はブラック、ブラウン、ホワイトがあります。

では、マスタードの心体への効能をみていきましょう。 

スポンサードリンク

体への効能

体への効能 イメージ写真

マスタードは外用、内用問わずアロマテラピーには使用されていません。

主に食品に使用されており、打撲や打ち身に効果があるとされています。

主な芳香成分

その他 アリルイソチアシアネイト(95%以上)

注意事項

  • 毒性が高いため、アロマテラピーでは使用されない。
  • 粘膜刺激、皮膚刺激がある。

スポンサードリンク

香りの特徴

香りのグループ スパイス系
揮発度  
香りの強さ 強い

データ

学名 Brassica nigra
英名 Mustard
科名 アブラナ科
種類 一年草
別名 カラシ
抽出部位 種子
抽出方法 水蒸気蒸留法
主な産地 カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、オランダなど。
主な作用 抗菌、抗真菌、消毒、食欲増進、解熱、刺激など。

以上、「マスタードの効能」でした。参考になれば幸いです。