ミルラ

甘みと苦味がある個性的な香り♪

ムスクに似た個性的な香りがし、優れた殺菌、消毒作用をもつミルラ。

古代エジプトでは、太陽崇拝の儀式の際、ミルラを焚いて薫香として利用していたと言われています。

また、ミルラの優れた殺菌、消毒作用を利用して、ミイラを作る際に利用していたことから、ミルラとの名前が付いたのだとか。キリスト誕生の際の贈り物としても利用されたそうです。

では、ミルラの心体への効能をみていきましょう。

ミルラ(没薬)の効果効能

心への効能

心への効果・効能
鎮静作用や刺激作用があり、不安や緊張、ストレスなどの感情を緩和し、気持ちを明るくする効果が期待できます。

無気力になったときに、希望を持たせてくれるような精油です。

体への効能

体への効果・効能
殺菌、消毒作用が優れており、口内炎や歯内炎、歯槽膿漏などに有効です。

また、気管支炎や咽頭炎などの呼吸器系の不調や、風邪の症状の緩和にも効果が期待できます。

その他、消化不良やお腹の膨張感、下痢などの消化器系の不調にも効果があるとされています。

肌への効能

肌への効果・効能
殺菌、消毒作用が優れており、じくじくした傷、治りにくい傷に有効です。

また、かゆみや炎症を緩和する成分が多く、かかとの乾燥によるひび割れや、あかぎれ等にも有効です。

主な芳香成分

セスキテルペン炭化水素類
  • フラノオウデスマディエン(30~40%)
  • クルゼレン(20~30%)
  • リンデステレン(10~20%)
  • β-エレメン(微量)

セスキテルペン炭化水素類が主要成分であり、抗炎症、鎮痛、抗感染症作用があり、また、精神面でも鎮静作用が優れています。

注意事項

  • 香りが強いので、少量ずつ使いましょう。
  • 妊娠中や授乳中は、使用を避けましょう。

香りの特徴

香りのグループ 樹脂系
揮発度 ベースノート
香りの強さ 中~強い

ミルラと相性がよい精油

相性がよい精油

「相性がよい精油」については、アロマテラピーの専門書を数冊読んでみると分かりますが、人それぞれ感じ方や意見に若干の違いがあります。

そこで、ここでは客観的に判断できるように、5冊の専門書を調べてまとめたものをご紹介させていただきます。

見方として、1冊の専門書で「〇〇の精油と相性がよいよ!」と紹介されている場合は「1点」を、2冊で紹介されている場合は「2点」を、と点数をつけています。

点数が高ければ高いほど信頼性が高く「相性がよい精油」だと客観的に判断できます。

では、見ていきましょう。

フローラル系
オリエンタル系
スパイス系
樹脂系
柑橘系
樹木系

上記の表のとおり、アロマテラピーの専門書で最も多く紹介されていたのは、フローラル系のラベンダー、オリエンタル系のサンダルウッドとパチュリであり、相性がよい精油としてテッパンです。

ミルラは粘度が高いベースノートなので、他の香りを持続させる「保留剤」として役立ちます。

おススメの使用方法

入浴、芳香浴、ヘアケア、トリートメント、スキンケアなど。

基本データ

学名 Commiphora molmol
英名 Myrrh
科名 カンラン科
種類 低木
別名 マー
和名 モツヤク(没薬)
抽出部位 樹脂
抽出方法 水蒸気蒸留法
主な産地 モロッコ、ソマリア、エチオピアなど。
主な作用 抗菌、抗炎症、抗ウイルス、鎮静、刺激、健胃、癒傷、瘢痕形成、催淫など。

以上、「ミルラ(没薬)の効能」でした。参考になれば幸いです。