キンモクセイ

甘さの中にスパイシーさがあるキンモクセイの香り

秋にオレンジ色の小さな花を咲かせる、日本でもお馴染みのキンモクセイ(金木犀)。

別名を「オスマンサス」とも呼ばれており、学名の「Osmanthus」はギリシャ語で「香りのある花」を意味します。

原産国の中国では、花からお酒(桂花酒)やお茶(桂花茶)、砂糖漬けにした「桂花糖」が作られています。

現在、主な用途としては観賞用ですが、香水や芳香剤の原料としても利用されています。

では、キンモクセイの心体への効能をみていきましょう。 

スポンサードリンク

心への効能

心への効能 イメージ写真

キンモクセイの甘い香りに、リラックス効果があると言われています。

不安や緊張、イライラを感じている心をほぐし、落ち着かせる効果が期待できます。

主な芳香成分

モノテルペンアルコール類 リナロール
オキシド(酸化物)類 リナロールオキシド
その他 β-イオノン

注意事項

  • 妊娠中や授乳中の方は、使用を避けましょう。

スポンサードリンク

香りの特徴

香りのグループ フローラル系
揮発度 ミドルノート
香りの強さ 中ぐらい

相性の良い精油

おススメの使用方法

芳香浴など。

購入の目安とポイント

1mlで4,000円~6,000円。

データ

学名 Osmanthus fragrans
英名 Osmanthus 
科名 モクセイ科 モクセイ属
種類 常緑小高木樹
別名 金木犀(キンモクセイ)、オスマンサス
抽出部位
抽出方法 溶剤抽出法(アブソリュート)
主な産地 中国
主な作用 抗炎症

以上、「キンモクセイの効能」でした。参考になれば幸いです。