ラベンダー

さわやかでフローラルな香り♪

安眠効果があることで知られるラベンダー。

他の精油となじみやすく、アロマテラピーでよく使われる精油の一つです。

ラベンダーには色々な種類があり、精油として利用されているのは、スパイク・ラベンダー、ラバンジン、フレンチラベンダーの3種類です。

ラベンダーは、これらの種類と区別するために「真正ラベンダー」とも呼ばれています。

かつて、古代ローマでは、傷の手当にラベンダーを浴槽に入れて沐浴していたといいます。

では、ラベンダーの心体への効能をみていきましょう。

スポンサードリンク

心への効能

心への効能 イメージ写真

自律神経のバランスを調整する働きがあり、ストレスや怒りを感じている心や、不安や心配を抱えた心を癒し、深くリラックスさせる効果があります。

また、安眠効果があることでも有名で、就寝前にもよく利用されている精油です。

体への効能

体への効能 イメージ写真

鎮痛作用があり、頭痛や筋肉痛、胃痛、月経痛などの体のあらゆる痛みを緩和する効果が期待できます。

また、免疫力強化の作用もあり、感染症などの予防に役立ちます。

肌への効能

肌への効能 イメージ写真

抗炎症、鎮痛、消毒作用などにより、軽い火傷の応急手当に効果があり、痛みが治まり、傷跡が残りにくく回復します。また、ニキビや傷などを早く治す効果があります。

スキンケアやヘアケアにもよく使われており、全ての肌質に使用できます。

抗真菌作用もあるので、水虫などにも有効です。

主な芳香成分

モノテルペンアルコール類 リナロール(30~40%)
テルピネン-4-オール(~5%)
エステル類 酢酸リナリル(35~40%)
モノテルペン炭化水素類 β-オシメン(~10%)

主要成分はリナロールと酢酸リナリルで、作用としては、鎮静、鎮痛、抗炎症作用があります。

注意事項

  • 妊娠初期は、使用を避けましょう。

高品質で、安くてお得なブランドは?

ラベンダーの精油なら、群馬県の猿ヶ京温泉の老舗宿「旅籠屋丸一」のプライベートブランドである「ナチュラルアロマ」の精油がおすすめです。

製造元は、アロマテラピーの本場であるフランスのパイヤンベルトランド社です。

製造開始から1時間以内に抽出されたエクストラと呼ばれる高品質な精油を使用。なのに、価格は10mlで1,300円~2,600円のリーズナブルな価格で提供されています。

スポンサードリンク

香りの特徴

香りのグループ フローラル系
揮発度 ミドルノート
香りの強さ 中ぐらい

相性の良い精油

相性の良い精油が多く、ブレンドすることにより他の精油の作用を高めるのに役立ちます。

おススメの使用方法

入浴、芳香浴、ヘアケア、トリートメント、スキンケアなど。

データ

学名 Lavandula angustifolia
英名 Lavender
科名 シソ科
種類 低木
別名 真正ラベンダー
抽出部位 花と葉
抽出方法 水蒸気蒸留法
主な産地 フランス、ブルガリア、イギリス、オーストラリア、日本など。
主な作用 抗うつ、血流促進、血圧降下、抗炎症、催渓

以上、「ラベンダーの効能」でした。参考になれば幸いです。