ラヴィンサラ

スッキリとした清涼感のある香り

マダガスカル語で「よい葉」を意味するラヴィンサラ。

「ラヴィンサラ」と似ている植物で、同じマダカスカル原産の「ラベンサラ」というものもあります。

これらは似た植物で精油も作られており、分類されずに混同して販売されていました。

「ラヴィンサラ(学名:Cinnamomum camphora)」と「ラベンサラ(学名:Ravensara aromatica)」とでは、香りと効能が異なってきます。

これらの精油を購入する際には、学名を確認するようににしましょう。

では、ラヴィンサラの心体への効能をみていきましょう。 

スポンサードリンク

心への効能

心への効能 イメージ写真

不安や緊張、ストレスを感じている心を落ち着かせ、活力を与える働きがあります。リラックスしたいときなどにも有効。

体への効能

体への効能 イメージ写真

筋肉や関節の炎症、リウマチに役立つとされています。

また、抗菌、抗ウイルス作用や、免疫力を調節する作用があり、風邪やインフルエンザなどの感染症の予防に効果が期待できます。

去痰作用もある為、咳や気管支炎などの呼吸器系の不調にも有効です。

主な芳香成分

オキシド(酸化物)類 1,8-シネオール(50~60%)
モノテルペンアルコール類 α-テルピネオール(5~10%)
モノテルペン炭化水素類 α-ピネン
β-ピネン
サビネン(10~15%)
リモネン(微量)
その他 β-カリオフィレン(微量)

主要成分であるオキサイド類の1,8-シネオールには、去痰、抗菌、抗ウイルス、免疫向上などの作用がある成分です。

注意事項

  • 妊娠中や授乳中の方の使用は控えましょう。

スポンサードリンク

香りの特徴

香りのグループ ハーブ系
揮発度 トップノート
香りの強さ 中ぐらい

相性の良い精油

おススメの使用方法

入浴、芳香浴、トリートメント、など。

購入の目安とポイント

10mlで2,500円~3,500円。

データ

学名 Cinnamomum camphora
英名 Ravintsara
科名 クスノキ科 ニッケイ属
種類 樹木
別名 カンファー
抽出部位 枝、葉
抽出方法 水蒸気蒸留法
主な産地 マダガスカル
主な作用 抗菌、抗ウイルス、抗炎症、免疫調節、去痰

以上、「ラヴィンサラの効能」でした。参考になれば幸いです。