ヒソップ

やや甘味のあるハッカに似た爽やかな香り

南ヨーロッパおよびアジアの温帯地域が原産のヒソップ。

現在はアメリカやロシアにも自生しています。

ヒソップは古くから薬として重宝されてきたハーブで、神聖な寺院のおきよめに用いられていました。

聖書にも神聖なハーブとして記載されています。

では、ヒソップの心体への効能をみていきましょう。 

スポンサードリンク

心への効能

心への効能 イメージ写真

不安や神経性の緊張、ストレスなどで疲れた心を癒す働きがあるとされています。ヒステリーにも有効です。

体への効能

体への効能 イメージ写真

風邪や咳、ぜん息、気管支炎、扁桃炎などの呼吸器系の不調に有効です。また、消化不良などの消化器系の不調にも有効とされています。

その他、血行をよくする作用もあります。

肌への効能

肌への効能 イメージ写真

すり傷や切り傷、皮膚炎などの炎症を抑える働きがあるとされています。

主な芳香成分

ケトン類 ピノカンフォン、カンファー
モノテルペン炭化水素類 α-ピネン、β-ピネン
セスキテルペン炭化水素類 β-カリオフィレン

注意事項

  • ケトン類のピノカンフォンという成分に中枢神経毒性があり、妊娠中、授乳中、高血圧、てんかんの方は使用を避けましょう。

スポンサードリンク

香りの特徴

香りのグループ ハーブ系
揮発度 ミドルノート
香りの強さ 中ぐらい

相性の良い精油

おススメの使用方法

芳香浴など。

購入の目安とポイント

10mlで3,500円~5,500円。

データ

学名 Hyssopus officinalis
英名 hyssop 
科名 シソ科 ヤナギハッカ属
種類 多年草
和名 柳薄荷(ヤナギハッカ)
抽出部位 全草
抽出方法 水蒸気蒸留法
主な産地 イタリア、ドイツ、フランス、ハンガリー
主な作用 強壮、強心、駆風、去痰、消化促進、解熱、殺菌、利尿、月経促進、鎮静、収れん、鎮痙

以上、「ヒソップの効能」でした。参考になれば幸いです。