シナモンバーク

甘くてスパイシーな刺激的な香り

料理やお菓子のスパイスとして有名なシナモン。

シナモンのアロマオイルは抽出する部位によって名前が異なり、樹皮から抽出されたものが「シナモンバーク」で、シナモンの葉から抽出されたものが、「シナモンリーフ」です。

それぞれ含有成分が大きく異なりますので、購入する際は間違わないように確認が必要です。アロマテラピーではシナモンリーフの方が一般的で、シナモンバーグは刺激が強くマニアックです。

では、シナモンバークの心体への効能をみていきましょう。

スポンサードリンク

心への効能

心への効能 イメージ写真

甘くてスパイシーな刺激的な香りが、心身に活力を与え、気力を回復させるのに効果が期待できます。

疲労で無気力になっているときなどに有効とされています。

体への効能

体への効能 イメージ写真

血液を流動させ、体を温める作用があるので、冷え性に対して効果が期待できます。また、筋肉の回復にも効果が期待されています。

肌への効能

肌への効能 イメージ写真

皮膚刺激が感作性のため、肌への使用は禁止です。文献では収れん作用があるとされていますが、肌に付けるとヒリヒリとします。

その他、心身の効能以外では防カビ作用や虫よけ効果があります。カビが発生しやすい衣類タンスなどに垂らしておくと、効果が期待できます。

主な芳香成分

芳香族アルデヒド類類 シンナムアルヒド(~75%)
エステル類 酢酸シンナミル(~5%)
その他 β-カリオフィレン(3~5%)、リナロール(~3%)、オイゲノール(~3%)、1,8-シネオールなど。

注意事項

  • 皮膚刺激があり感作性のため、皮膚への使用は禁止です。また、芳香欲なども使用濃度には十分に注意しましょう。
  • 妊娠中や授乳中の方、乳幼児への使用は避けましょう。

スポンサードリンク

香りの特徴

香りのグループ スパイス系
揮発度 ベースノート
香りの強さ 強い

相性の良い精油

 

おススメの使用方法

芳香浴、など。

データ

学名 Cinnamomum zeylanicum Nees
英名 Cinnamon bark
科名 クスノキ科
種類 多年草
別名
抽出部位 樹皮
抽出方法 水蒸気蒸留法
主な産地 スリランカ、セイシェル、マダガスカル
主な作用 抗菌、抗真菌、抗ウイルス、防カビ、強壮、血流促進、駆虫など。

以上、「シナモンバークの効能」でした。参考になれば幸いです。