クローブ

スパイシーで刺激的な香り♪

クローブは、「百里香」との別名を持っており、香りが強く、遠くからでも香りを感じるため、この名前があります。

中国では、歯痛の痛みを和らげるために、つぼみをかんでいました。また、中世ヨーロッパでは、ペスト予防のためのポマンダーに良く使われていたといわれています。

主成分のオイゲノールは、抗菌、抗ウイルス、鎮痛、防虫作用があります。

では、クローブの心体への効能をみていきましょう。

スポンサードリンク

心への効能

心への効能 イメージ写真

刺激や高揚作用がある為、気持ちが落ち込んでいるときや、気力を高めたいときなどに効果が期待できます。

また、勉強や仕事など、集中したいときにもおススメです。

体への効能

体への効能 イメージ写真

鎮痛効果により、歯痛や頭痛などの痛みを和らげる効果が期待できます。

また、抗菌、抗ウイルス作用が強く、防腐作用もあることから、風邪や感染症の予防に役立ちます。

肌への効能

肌への効能 イメージ写真

優れた抗菌、抗真菌、消毒作用により、ニキビや吹き出物、水虫の予防や改善が期待できます。

ただし、高濃度で使用すると皮膚刺激がありますので、十分に希釈するなど、使用量に注意が必要です。

主な芳香成分

フェノール類 オイゲノール(75~85%)
エステル類 酢酸オイゲノール(5~15%)
セスキテルペン炭化水素類 β-カリオフィレン(5~10%)
オキサイド類 カリオフィレンオキサイド(5~10%)

主要成分であるオイゲノールが全体の70%以上を占めており、成分としては、抗菌、消毒、鎮痛作用が期待できます。

注意事項

  • 妊娠中や授乳中の方は、使用を避けましょう。
  • 香りが強いので、使用量には注意が必要です。
  • 高濃度で使用すると皮膚刺激がありますので、敏感肌の方は注意が必要です。

高品質で、安くてお得なブランドは?

オレンジ・スイートの精油なら、群馬県の猿ヶ京温泉の老舗宿「旅籠屋丸一」のプライベートブランドである「ナチュラルアロマ」の精油がおすすめです。

製造元は、アロマテラピーの本場であるフランスのパイヤンベルトランド社です。

製造開始から1時間以内に抽出されたエクストラと呼ばれる高品質な精油を使用。なのに、価格は10mlで1,300円~2,600円のリーズナブルな価格で提供されています。

スポンサードリンク

香りの特徴

香りのグループ スパイス系
揮発度 ベースノート
香りの強さ 強い

相性の良い精油

柑橘系全般は相性がいいです。

おススメの使用方法

入浴、芳香浴、ヘアケア、トリートメント、スキンケアなど。

データ

学名 Eugenia caryophyllata
英名 Clove
科名 フトモモ科 フトモモ属
種類 高木
別名 クローブバッド
和名 チョウジ(丁子)、ヒャクリコウ(百里香)
抽出部位 つぼみ
抽出方法 水蒸気蒸留法
主な産地 インドネシア、マダガスカルなど。
主な作用 抗菌、抗ウイルス、抗真菌、鎮痛、防虫、免疫強化

以上、「クローブの効能」でした。参考になれば幸いです。