ラベンサラ

ユーカリにローズマリー似た清涼感のある爽やかな香り♪

ラベンサラは、湿度の高い熱帯雨林に自生しているマダガスカル原産のクスノキ科の樹木です。

マダガスカルの原住民達が古くから様々な用途に重宝してきた植物で、葉を煎じて飲んだり、すり潰した葉を体に塗ったりと、薬草として役立ててきました。

「ラベンサラ」と言う名は、マダガスカルの現地語で「よい葉」という意味を持つとのことです。

ラベンサラのアロマテラピーでの歴史はまだ浅く、使われるようになったのは1980年代からです。しかし、歴史はまだ浅いのですが、ラベンダーに匹敵するほどの似た作用を持つ、幅広い用途の万能精油です。

作用が穏やかで、子供や高齢者にも安心して使えます。優れた特性、幅広い用途から、今後の利用はますます広がっていくと予想されます。

では、ラベンサラの心体への効能をみていきましょう。 

スポンサードリンク

心への効能

心への効能 イメージ写真

大きなショックを受けたときや精神的なダメージが大きいときに、その現実を受け入れられるように、心に力と元気を与えくれるといった感じの精油です。本来の自分を取り戻したいときにもおススメです。

また、ストレスにより眠れないときや、出産前の不安を取り除く際にも効果があると言われています。

体への効能

体への効能 イメージ写真

優れた殺菌、抗ウイルス作用に加え、免疫力を強化する作用もあり、細菌やウイルスによる感染症などの症状を和らげる効果が期待できます。

また、関節痛や筋肉の痙攣、リマウチ、首や肩のこりの緩和に役立ちます。疲労の回復にも有効です。

肌への効能

肌への効能 イメージ写真

優れた殺菌、抗ウイルス作用があり、傷口から新たな感染症を起こしやすい皮膚や、治りにくい水虫に利用されている例があります。

また、歯肉炎や口内炎の傷口にも有効です。

主な芳香成分

モノテルペンアルコール類 リナロール、ラバンジュロール
エステル類 酢酸リナリル
モノテルペン炭化水素類 β-オシメン

主要成分はリナロールと酢酸リナリルで、作用としては、鎮静、鎮痛、抗炎症作用があります。

注意事項

  • 妊娠初期は使用を避けましょう。
  • 引火点が低いので、火気に注意しましょう。

スポンサードリンク

香りの特徴

香りのグループ ハーブ系
揮発度 トップ~ミドルノート
香りの強さ 中ぐらい

相性の良い精油

おススメの使用方法

入浴、芳香浴、ヘアケア、トリートメント、スキンケアなど。

データ

学名 Ravensara aromatica
英名 Ravensara
科名 クスノキ科
抽出部位
抽出方法 水蒸気蒸留法
主な産地 マダガスカルなど。

以上、「ラベンサラの効能」でした。参考になれば幸いです。