ヒノキ

清々しく懐かしいようなアンダートーンで落ち着いた香り♪

日本と台湾に生息するヒノキ。脂分多く含んでおり、ヒノキを擦って火を起こしていたことから、「火の木」との名前が付いたといわれています。

ヒノキは、防虫、防腐効果があることが有名で、古くから建材として活躍してきました。世界最古の木造建築物である「法隆寺」も、ヒノキが多く使われています。

では、ヒノキの心体への効能をみていきましょう。 

スポンサードリンク

心への効能

心への効能 イメージ写真

さわやかな木の香りにより、まるで森林浴をしている様なリラックス効果とリフレッシュ効果があります。

気持ちを落ち着かせて、ゆっくりと前向きにしてくれます。

体への効能

体への効能 イメージ写真

血液を促進する効果があり、冷え性やむくみ、下半身のだるさなどの改善に役立ちます。

アレルギー性鼻炎や気管支喘息などの原因となるダニを防ぐ効果も期待されます。

肌への効能

肌への効能 イメージ写真

収れん作用により、脂性肌を収れんする作用が期待できます。

また、頭皮のケアにオススメです。

主な芳香成分

モノテルペン炭化水素類 α-ピネン(50~60%)
セスキテルペン炭化水素類 カジネン(10~20%)
モノテルペンアルコール類 ボルネオール(微量)
セスキテルペンアルコール類 α-カジノール(5~10%)

α-ピネンが含まれており、うっ滞除去に優れています。γ-カジネンには、神経を強壮する作用があります。

注意事項

  • 妊娠中の使用は避けましょう。
  • 皮膚刺激がある場合がありますので、敏感肌の方は注意が必要です。

スポンサードリンク

香りの特徴

香りのグループ 樹木系
揮発度 ベースノート
香りの強さ 中ぐらい

相性の良い精油

おススメの使用方法

入浴、芳香浴、ヘアケア、トリートメント、スキンケアなど。

購入の目安とポイント

10mlで1,500円~2,000円。

ヒノキは、木部(心材)と葉(枝葉)から抽出される精油があり、香りが異なりますので、確認して購入しましょう。葉(枝葉)から抽出された精油は、よりフレッシュです。

データ

学名 Chamaecyparis obtusa
英名 Japanese Cypress、Hinoki
科名 ヒノキ科ヒノキ属
種類 針葉樹
別名
抽出部位 木部(心材)
抽出方法 水蒸気蒸留法
主な産地 日本、台湾

以上、「ヒノキの効能」でした。参考になれば幸いです。