カボス

カボスの爽やかな香り

カボスと言えば、日本人には「ユズ」や「スダチ」とともに馴染みのある柑橘類です。

大分県の特産品で、日本の生産数の9割が大分県で生産されており、他は宮崎県などで生産されています。

大分県には、樹齢200~300年の古木が存在しますが、1695年の江戸時代に、医師の河野宗弦が、京都から種子を大分に持ち帰り、栽培し始めたと言われています。

精油は、熟す前の深緑色の内に収穫し、採油れています。

では、カボスの心体への効能をみていきましょう。 

スポンサードリンク

心への効能

心への効能 イメージ写真

ピネンやリモネンという成分が含まれており、リラックス効果が期待できます。

カボスのさわやかな香りが、怒りやイライラ、ストレスなどで、高ぶった神経を落ち着かせるのに役立ちます。

体への効能

体への効能 イメージ写真

ピネンやリモネンには、血行を促進させる働きがあるため、冷え性の予防・改善にも有効です。消化促進にも役立ちます。

また、新陳代謝を活発化させ、疲労回復に効果的だと言われています。

主な芳香成分

モノテルペン炭化水素類 リモネン、γ-テルピネン、α-ピネン、β-ファルネセン、β-カリオフィレン
モノテルペンアルコール類 ゲラニオール

注意事項

  • 妊娠中や授乳中の方は、使用を避けましょう。

スポンサードリンク

香りの特徴

香りのグループ 柑橘系
揮発度 トップノート
香りの強さ 中ぐらい

相性の良い精油

おススメの使用方法

入浴、芳香浴

購入の目安とポイント

10mlで3,500円~4,500円。

データ

学名 Citrus sphaerocarpa
英名 Kabosu
科名 ミカン科 ミカン属
別名 かぼすゆ(香母酢油)
種類 常緑高木
抽出部位 果皮
抽出方法 圧搾法
主な産地 日本(大分県)
主な作用 抗菌、抗炎症、消化促進

以上、「カボスの効能」でした。参考になれば幸いです。