ペパーミント

リフレッシュに適した、すっきりとしたミントの香り。

ガムや歯磨き粉など、様々な香り付けに使われているペパーミント。メントール(ハッカ)の香りで有名です。

多年草で、スペアミントとウォータミントの交配種。湿気を含む気候を好む植物です。

古代ローマでは、宴会の時に、お酒で酔いが回っているときに良い効果をもたらすとして、ペパーミントで編んだ冠をかぶっていたと言われています。

では、ペパーミントの心体への効能をみていきましょう。

スポンサードリンク

心への効能

心への効能 イメージ写真

シャキッとした香りによる刺激効果で、頭をすっきりさせリフレッシュし、集中力アップの効果が期待できます。

勉強や仕事中、また、気分転換したいときにオススメです。

体への効能

体への効能 イメージ写真

ペパーミントは多くの効能を持ち合わせている精油です。鎮痛作用があるため、頭痛や偏頭痛、筋肉痛、生理痛などの痛みを緩和する作用があります。

また、消化器系にも作用があり、消化不良や便秘、胃痛、二日酔いや乗り物酔いなどの吐き気などにも有効です。

また、咳や喉の痛み、鼻づまりや花粉症など、呼吸器系の症状にも効果を発揮します。

肌への効能

肌への効能 イメージ写真

抗炎症作用や軽い麻酔作用、冷却作用があり、肌のかゆみを鎮める効果が期待できます。ニキビの予防・改善や、脂性肌のケアにも有効。

日焼けや虫刺されにも効果が期待できます。また、効果は薄いが防虫効果もある精油です。

主な芳香成分

モノテルペンアルコール類 ℓ-メントール(35~45%)
ケトン類 ℓ-メントン(15~25%)
オキサイド類 1,8-シネオール(5~10%)

主要成分はℓ-メントールで、神経を刺激する作用と鎮静する作用の両方を合わせ持っています。また、ケトン類のメントンには、血圧を上げる作用があります。

注意事項

  • 皮膚への刺激が強いため、使用量には十分に注意しましょう。
  • 妊娠中や授乳時には使用を避けましょう。

高品質で、安くてお得なブランドは?

オレンジ・スイートの精油なら、群馬県の猿ヶ京温泉の老舗宿「旅籠屋丸一」のプライベートブランドである「ナチュラルアロマ」の精油がおすすめです。

製造元は、アロマテラピーの本場であるフランスのパイヤンベルトランド社です。

製造開始から1時間以内に抽出されたエクストラと呼ばれる高品質な精油を使用。なのに、価格は10mlで1,300円~2,600円のリーズナブルな価格で提供されています。

スポンサードリンク

香りの特徴

香りのグループ ハーブ系
揮発度 トップノート
香りの強さ 強い

相性の良い精油

おススメの使用方法

入浴、芳香浴、ヘアケア、トリートメント、スキンケアなど。

購入の目安とポイント

10mlで1,800円~3,000円。

データ

学名 Mentha piperita
英名 Peppermint
科名 シソ科
種類 多年草
和名 セイヨウハッカ(西洋薄荷)
抽出部位 全草(花と葉)
抽出方法 水蒸気蒸留法
主な産地 アメリカ、フランス、スペイン、イギリス、オーストラリアなど。
主な作用 刺激

以上、「ペパーミントの効能」でした。参考になれば幸いです。