更年期障害に効果が期待できるアロマオイル 8選!

個人差はありますが、45~55歳頃の閉経の前後10年間に女性ホルモンが減少し、心身に様々な症状が現れることを更年期障害といいます。

症状の出方も個人差があり、のぼせや動悸、めまい、うつ状態、情緒不安定などがあります。

更年期障害の緩和にアロマオイルを選ぶ際は、女性ホルモンに似た働きをする精油や、ホルモンバランス調整作用がある精油、ストレスなどを緩和する精油を選びましょう。

このページでは、更年期障害におススメのアロマオイルをご紹介させていただきます。

スポンサードリンク

ラベンダー フローラル系

ラベンダー

初級者向き

さわやかでフローラルな香り♪
:深いリラックスや安眠したいときに。
:頭痛や筋肉痛、胃痛、月経痛などの痛み、免疫力強化に。
:火傷の手当、ニキビや傷の回復、スキンケア、ヘアケアに。

ゼラニウム フローラル系

ゼラニウム

初級者向き

ハーブ系の香りの中に、ローズに似たフローラルな香り。
:情緒不安定、更年期障害などに。
:むくみや肥満の解消、生理痛、PMS、更年期障害などに。
:しわやシミの改善、肌の若返りなどスキンケアに。

グレープフルーツ 柑橘系

グレープフルーツ

初級者向き

爽快感あふれる香りで、ダイエットをサポート♪
:明るく前向きな気持ちになりたいときに。
:二日酔いや消化不良などに。
:にきび、吹き出物、体臭予防に。

カモミール・ローマン フローラル系

カモミール・ローマン

初級者向き

青リンゴのような甘い香りで、心をリラックス♪
:精神的なダメージがあるときに。
:頭痛、腹痛、歯痛など、様々な痛みに。
:じんましんやアトピーなどアレルギー性のトラブルに。

スポンサードリンク

イランイラン オリエンタル系

イランイラン

初心者向き

甘くて濃厚な色っぽい香り♪
:不安、緊張、ストレスから解放されたいときに。
:女性の生理痛、男性のインポテンツ等の性的な障害に。
:乾燥肌、脂性肌、育毛や頭皮の改善に。

クラリセージ ハーブ系

クラリセージ

初級者向き

ナッツのような甘さを感じる深みのある香り♪
:不安、緊張、恐怖など、精神的なトラブルに。
:肩こり、筋肉痛、頭痛、整理痛、更年期障害に。
:ふけや脂っぽい頭皮の改善に。

サイプレス 樹木系

サイプレス

中級者向き

森林のなかに居るような、ヒノキに似た香り♪
:イライラしているときに。
:むくみやセルライトの予防に。
:汗をかいた後や、体臭予防に。

ネロリ フローラル系

ネロリ

初級者向き

甘さと苦味をもつビターオレンジの花の香り♪
:ストレスなどで疲れた心に。
:ストレスによる体調不良の改善に。
:シミやシワ、そばかす、タルミなどに。(新陳代謝を促進)

女性ホルモンの専門家によるブレンド・アロマオイルとは?

「女子のおまもり」は、女性ホルモンバランスの専門家である鳥山ますみさんが考えたブレンド・アロマオイルです。

鳥山ますみさんは、社団法人女性ホルモンバランスプランナー協会の理事を務めており、著書「セラピストのための女性ホルモンの教科書」を出版している、女性ホルモンの専門家です。

ブレンドすることによって精油の相乗効果が得られ、不妊やPMS、更年期など女性ホルモンを背景としたお悩みに効果が期待できます。

以上、「更年期障害に効果が期待できるアロマオイル」でした!

スポンサードリンク

関連記事

このページの先頭へ