妊活に効果が期待できるアロマオイル 8選!

近年の研究により、精油は妊活に有効とのことが分かってきており、産婦人科や不妊専門クリニックでも積極的に取り入れられるようになってきました。

妊活の為に精油を選ぶ際は、ホルモンバランスを調整する作用のある精油を選ぶと、効果が期待できます。

これらの精油で、まずは自宅で簡単にできる「芳香欲」から始めてみるのも良いでしょう。

女性ホルモンは、脳からの指令を受けて分泌されます。そして、排卵をさせたり、子宮内膜を増殖させたり、月経を起こさせたりしています。

芳香欲により、香りが脳に伝わり、脳から心身に働きかけ、ホルモンバランスの調整に役立ちます。

ただ、妊活に有効だからといって、自分が好まない香りだと、アロマテラピーのの本当の力を発揮しているとは言えません。

自分自身が心地よいと思える精油を選び、心身ともに良い影響を与えることも大切です。

このページでは、妊活に効果が期待できる「ホルモンバランス調整作用」のある精油を、ご紹介させていただきます。

スポンサードリンク

ゼラニウム フローラル系

ゼラニウム

初級者向き

ハーブ系の香りの中に、ローズに似たフローラルな香り。
:情緒不安定、更年期障害などに。
:むくみや肥満の解消、生理痛、PMS、更年期障害などに。
:しわやシミの改善、肌の若返りなどスキンケアに。

イランイラン オリエンタル系

イランイラン

初心者向き

甘くて濃厚な色っぽい香り♪
:不安、緊張、ストレスから解放されたいときに。
:女性の生理痛、男性のインポテンツ等の性的な障害に。
:乾燥肌、脂性肌、育毛や頭皮の改善に。

クラリセージ ハーブ系

クラリセージ

初級者向き

ナッツのような甘さを感じる深みのある香り♪
:不安、緊張、恐怖など、精神的なトラブルに。
:肩こり、筋肉痛、頭痛、整理痛、更年期障害に。
:ふけや脂っぽい頭皮の改善に。

サイプレス 樹木系

サイプレス

中級者向き

森林のなかに居るような、ヒノキに似た香り♪
:イライラしているときに。
:むくみやセルライトの予防に。
:汗をかいた後や、体臭予防に。

スポンサードリンク

ジャスミン フローラル系

ジャスミン

初級者向き

軽く陶酔させる、甘美でエキゾチックな花の香り♪
:不安や不満の解消、または、自信がないときに。
:マタニティブルーに。
:乾燥肌を改善し、潤いのある肌へ。

フランキンセンス 樹脂系

フランキンセンス

初級者向き

かすかにレモンの香りがある澄んだ香り♪
:心と呼吸を落ち着かせたいときに。
:気管支炎や喘息の改善に。
:シワやたるみ、乾燥肌、老化肌、あかぎれの改善に。

ヤロウ ハーブ系

ヤロウ

中級者向き

ややスパイシーで甘いハーブの香り♪
:疲れた心を癒して、元気になりたいときに。
:生理不順や生理痛、更年期障害などに。
:切り傷やあかぎれの治りを促進。

ローズ・アブソリュート フローラル系

ローズ・アブソリュート

初級者向き

華やかで魅力的なバラの香り♪
:ショックから立ち直りたいときに。
:月経不順や月経痛、更年期の情緒不安定などに。
:強い肌にしたいときに。

女性ホルモンの専門家によるブレンド・アロマオイルとは?

「女子のおまもり」は、女性ホルモンバランスの専門家である鳥山ますみさんが考えたブレンド・アロマオイルです。

鳥山ますみさんは、社団法人女性ホルモンバランスプランナー協会の理事を務めており、著書「セラピストのための女性ホルモンの教科書」を出版している、女性ホルモンの専門家です。

ブレンドすることによって精油の相乗効果が得られ、不妊やPMS、更年期など女性ホルモンを背景としたお悩みに効果が期待できます。

以上、「妊活に効果が期待できるアロマオイル」でした!

スポンサードリンク

関連記事

このページの先頭へ