「芳香成分」の記事一覧

テルピネン4オールを含む精油

453PV

芳香成分

テルピネン4オールとは、精油に含まれる芳香成分の一つで、モノテルペンアルコール類に分類されます。 読み方は、テルピネンヨンオールと呼ばれています。 テルピネン4オールには、主に以下の作用があります。 抗菌作用 抗真菌作用・・・

リモネンを含む精油

769PV

芳香成分

リモネンとは、精油に含まれる芳香成分の一つで、C10H16の分子式を持つ、モノテルペン炭化水素類に分類されます。 オレンジやレモンなどの柑橘類の皮に多く含まれている成分です。フローラル系には約10%程含まれています。 リ・・・

リナロールを含む精油

826PV

芳香成分

リナロールとは、精油に含まれる芳香成分の一つで、C10H18Oの分子式を持つ、モノテルペンアルコール類に分類されます。 リナロールには、主に以下の作用があります。 鎮静作用 抗不安作用 血圧降下作用 抗菌作用 抗真菌作用・・・

ゲラニオールを含む精油

674PV

芳香成分

ゲラニオールとは、精油に含まれる芳香成分の一つで、C10H18Oの分子式を持つ、モノテルペンアルコール類に分類されます。 研究によりゼラニウムから発見されてた成分で、バラに似た香りを持っています。 ゲラニオールには、主に・・・

オイゲノールを含む精油

361PV

芳香成分

オイゲノールとは、精油に含まれる芳香成分の一つで、C10H12O2の分子式を持つ、フェノール類に分類されます。 オイゲノールには、主に以下の作用があります。 抗菌作用 抗ウイルス作用 鎮痛作用 防虫作用 免疫賦活作用 鎮・・・

シトロネラールを含む精油

292PV

芳香成分

シトロネラールとは、精油に含まれる芳香成分の一つで、C10H18Oの分子式を持つ、アルデヒド類に分類されます。 シトロネラールには、主に以下の作用があります。 昆虫忌避作用 局所鎮痛作用 抗真菌作用 抗炎症作用 抗ウイル・・・

シトロネロールを含む精油

398PV

芳香成分

シトロネロールとは、精油に含まれる芳香成分の一つで、C10H20Oの分子式を持つ、モノテルペンアルコール類に分類されます。 シトロネロールには、主に以下の作用があります。 昆虫忌避作用 抗菌作用 鎮静作用 昆虫忌避作用が・・・

カマズレンを含む精油

243PV

芳香成分

カマズレンとは、精油に含まれる芳香成分の一つで、C14H16の分子式を持つ、セスキテルペン炭化水素類に分類されます。 カマズレンには、主に以下の作用があります。 抗炎症 抗アレルギー作用 抗ヒスタミン作用 これらの作用に・・・

シトラールを含む精油

436PV

芳香成分

シトラールとは、精油に含まれる芳香成分の一つで、ゲラにアールとネラールを合わせて「シトラール」と呼ばれます。 C10H16Oの分子式を持つ、テルペンアルデヒド類に分類されます。 主にレモングラスやメリッサ(レモンバーム)・・・

αピネンを含む精油

625PV

芳香成分

αピネンとは、精油に含まれる芳香成分の一つで、C10H16の分子式を持つ、モノテルペン炭化水素類に分類されます。 αピネンには、主に以下の作用があります。 森林浴効果 強壮作用 血行促進 うっ滞除去作用 抗菌作用 免疫向・・・

ページの先頭へ