アロマオイル人気ランキングBest10位

当サイトで人気のあるアロマオイル(精油)をランキングにしました。

調査方法は、Facebookの「いいね!」が多い順にランキングしています(2014年11月調べ)。

グレープフルーツやペパーミント、ティートリーなどの王道は10位以内にランキングせずに、思っていたよりも意外な結果になりました。

はたして、どのアロマオイルが人気があるのでしょうか?それでは10位から見ていきましょう!

スポンサードリンク

10位

ネロリ フローラル系

ネロリ

初級者向き

甘さと苦味をもつビターオレンジの花の香り♪
:ストレスなどで疲れた心に。
:ストレスによる体調不良の改善に。
:シミやシワ、そばかす、タルミなどに。(新陳代謝を促進)

10位に輝いたのは、フローラル系の中でも人気を誇るネロリで、「いいね!」が8件でした。

抽出量が少ない為、非常に高価な精油となっていますが、人気があるようです。

柑橘系のさわやかさと、フローラル系の優雅さを持ち合わせているような、高級化粧品に利用されるほどの素敵な香りが、人気の秘訣なのでしょうか?

9位

ジャスミン フローラル系

ジャスミン

初級者向き

軽く陶酔させる、甘美でエキゾチックな花の香り♪
:不安や不満の解消、または、自信がないときに。
:マタニティブルーに。
:乾燥肌を改善し、潤いのある肌へ。

9位に輝いたのは、フローラル系の中でも人気のあるジャスミンで、「いいね!」が9件でした。

ネロリと同じように抽出量が少ない為、非常に高価な精油となっています。

リラックス作用や、生理痛やPMS、マタニティーブルー、肌へのエリモント作用など、女性に嬉しい効能がたくさんあります。

8位

ユズ(柚子) 柑橘系

ユズ(柚子)

中級者向き

爽やかでフレッシュな柑橘系の香り♪
:気分転換してリラックスしたいときに。
:冷え性、風邪予防、むくみ改善に。
:保湿効果があるため乾燥肌に。

8位に輝いたのは柑橘系のユズで、「いいね!」が10件でした。

日本で生まれた日本人に馴染み深い和の香りが、気分をリラックスさせてくれます。

ユズ風呂で知られている様に、血行を促進させる作用があり、冷え性やむくみの改善に有効です。

7位

オレンジ・スイート 柑橘系

オレンジ・スイート

初級者向き

果実そのままのスウィートな香り♪
:気分を明るくしたい、また、ぐっすり眠りたいときに。
:下痢や便秘、食欲がないときに。
:肌を整えたいときに。(老廃物を排出)

7位に輝いたのは、精油の基本でもあるオレンジ・スイートで、「いいね!」は10件でした。

オレンジの馴染みのある香りは、多くの方に好まれています。

もっと「いいね!」が押されて上位にランクインされても良い気がしますが、基本過ぎて当たり前だから、この順位になったのかもしれませんね。

6位

サイプレス 樹木系

サイプレス

中級者向き

森林のなかに居るような、ヒノキに似た香り♪
:イライラしているときに。
:むくみやセルライトの予防に。
:汗をかいた後や、体臭予防に。

6位に輝いたのは、樹木系の中でも人気が高いサイプレスで、「いいね!」が12件でした。

森林の中にいる様な香りが、心をクリアにしてくれます。

スポンサードリンク

5位

ローズウッド 樹木系

ローズウッド

初級者向き

バラに似た甘さに、ややスパイシーなウッディー調の香り
:精神的に疲れた心に活力を。
:免疫力強化、風邪の予防、頭痛や偏頭痛に。
:肌を若返らせる効果で、スキンケアに。

5位に輝いたのは、樹木系のローズウッドで、「いいね!」は12件でした。

ほとんどの精油と相性が良いブレンドしやすく、また、刺激が少なく安全性の高い使い勝手の良い、持っていると便利な精油です。

4位

ベルガモット 柑橘系

ベルガモット

初級者向き

アールグレイの香り付けに使用される、甘く爽やかな香り。
:心が沈んでいるとき、または、怒りを抑えたいときに。
:胃腸のトラブル、便秘や下痢、食欲増進に。
:ニキビや吹き出物、または、ストレス性のトラブルに。

4位に輝いたのは、柑橘系のベルガモットで、「いいね!」が19件でした。

紅茶のアールグレイの香り付けとしても有名で、柑橘系の好まれやすい香りです。

この精油も、他の精油とブレンドの相性がよく、ブレンドしやすい精油です。

3位

ベンゾイン(安息香) 樹脂系

ベンゾイン(安息香)

初級者向き

バニラのような甘くて濃厚な香り♪
:緊張や不安、孤独感、喪失感があるときに。
:喉の痛みや呼吸器系の不調に。
:乾燥によるあかぎれやしもやけ、ひび割れなどに。

3位に輝いたのは、樹脂系のベンゾインで、「いいね!」が29件でした。

香りのノートがベースノートで、香りの強弱は強め。バニラのような甘い濃厚な香りが、ブレンドした際に他の香りを持続させる保留剤としての働きをします。

2位

ゼラニウム フローラル系

ゼラニウム

初級者向き

ハーブ系の香りの中に、ローズに似たフローラルな香り。
:情緒不安定、更年期障害などに。
:むくみや肥満の解消、生理痛、PMS、更年期障害などに。
:しわやシミの改善、肌の若返りなどスキンケアに。

2位に輝いたのは、フローラル系のゼラニウムで、「いいね!」が36件でした。

皮脂バランスを調整する作用のある精油で、しわやシミ、アンチエイジングなど、スキンケアに効果抜群な精油です。

他の精油ともブレンドしやすく、持っていると便利で活用しやすい精油です。

1位

ラベンダー フローラル系

ラベンダー

初級者向き

さわやかでフローラルな香り♪
:深いリラックスや安眠したいときに。
:頭痛や筋肉痛、胃痛、月経痛などの痛み、免疫力強化に。
:火傷の手当、ニキビや傷の回復、スキンケア、ヘアケアに。

堂々と1位に輝いたのは、精油の基本とも言えるラベンダーで、「いいね!」が46件でした。

芳香剤などでお馴染みのの香りであり、ほとんどの精油とも相性が良くブレンドしやすい、初心者にオススメの精油です。

アロマテラピーはラベンダーから始まったといっても過言ではありません。やはりラベンダーが一位でした。

以上、アロマオイル人気ランキングでした!

スポンサードリンク

このページの先頭へ