バジル・リナロール

心地よい甘さのあるスパイシーな香り♪

イタリア料理によく使われることでお馴染みのバジル・リナロール。

中国では古くから漢方薬として利用されており、インドのアーユルヴェーダ医学でも利用されていました。

日本に入ってきたのは江戸時代のことで、中国から漢方薬として渡来してきました。

和名は「メボウキ」と言い、目のゴミ取りに使われたことから、この名前が命名されたとのことです。

では、バジル・リナロールの心体への効能をみていきましょう。 

スポンサードリンク

心への効能

心への効能 イメージ写真

自律神経の調整、抗うつ作用などにより、ストレスや不安、緊張などで疲れた心を解放する効果が期待できます。

また、スパイシーな香りが集中力をアップする効果も期待できます。

体への効能

体への効能 イメージ写真

鎮痙作用と消化促進作用が強いことで知られています。ストレスから来る頭痛などに効果を発揮します。

肌への効能

肌への効能 イメージ写真

殺菌、消毒作用などにより、ニキビの症状を緩和する効果が期待できます。

主な芳香成分

モノテルペンアルコール類 リナロール(50~55%)
フェノールエーテル類 メチルチャビコール
フェノール類 オイゲノール(5~10%)
オキサイド類 1,8-シネオール(5~10%)

メチルチャビコールには強い鎮痙作用があります。

注意事項

  • 皮膚刺激を感じることがありますので、敏感肌の方は注意しましょう。
  • 妊娠中や授乳中の方、乳幼児への使用を避けましょう。

スポンサードリンク

香りの特徴

香りのグループ ハーブ系
揮発度 トップノート
香りの強さ 中~強い

相性の良い精油

おススメの使用方法

入浴、芳香浴、ヘアケア、トリートメント、スキンケアなど。

データ

学名 Ocimum basilicum
英名 Basil linalool
科名 シソ科メボウキ属
種類 一年草
別名 スイートバジル
和名 メボウキ(目箒)
抽出部位 花と葉
抽出方法 水蒸気蒸留法
主な産地 エジプト、フランスなど。

以上、「バジル・リナロールの効能」でした。参考になれば幸いです。