サイプレス

森林のなかに居るような、ヒノキに似た香り♪

古代より文化や宗教と深くかかわりを持つサイプレス。

キリストが縛られた十字架はサイプレスで作れたという伝説から、ギリシャやローマでは神聖な植物として、寺院や墓地などに植えられてきました。

また、腐りにくい建材として、十字架を作る際には、よくサイプレスが使われてきました。

では、サイプレスの心体への効能をみていきましょう。

心への効能

心への効果・効能
成分のセドロールが心拍数と呼吸を抑える作用があり、喜びや悲しみで高ぶった感情を沈めて、冷静な判断ができるように導いてくれます。

また、イライラしているときなどに用いると、効果が期待できます。忍耐力、集中力の低下時にも役立ちます。

体への効能

体への効果・効能
体内の余分な水分や老廃物を排出する作用があり、むくみやセルライトの予防に効果が期待できます。また、鎮咳作用があり、ひどい咳やぜん息にも有効です。

ホルモンバランスを調整する作用もあり、月経痛、月経不順、PMS(月経前緊張症)、更年期障害など女性特有の症状にも効果が期待できます。

肌への効能

肌への効果・効能
体臭や発汗を抑える効果があり、足浴によく使われている精油です。また、毛穴を引き締める効果があり、脂肌のケアにも有効です。

その他、止血作用や傷跡を目立たなくさせる作用もあります。

主な芳香成分

モノテルペン炭化水素類
  • α-ピネン(45~55%)
  • δ-3-カレン(15~25%)
  • リモネン(~5%)
セスキテルペンアルコール類
  • セドロール(~5%)
エステル類
  • 酢酸テルピニル(~5%)

成分として、うっ滞除去作用をもつ成分が多く、静脈とリンパの流れをよくする効果が期待できます。

注意事項

  • 高濃度で使用すると皮膚刺激があるので、敏感肌の方は注視してください。
  • 妊娠初期の使用は避けましょう。

高品質で、安くてお得なブランドは?

サイプレスの精油なら、群馬県の猿ヶ京温泉の老舗宿「旅籠屋丸一」のプライベートブランドである「ナチュラルアロマ」の精油がおすすめです。

製造元は、アロマテラピーの本場であるフランスのパイヤンベルトランド社です。

製造開始から1時間以内に抽出されたエクストラと呼ばれる高品質な精油を使用。なのに、価格は10mlで1,300円~2,600円のリーズナブルな価格で提供されています。

香りの特徴

香りのグループ 樹木系
揮発度 ミドルノート
香りの強さ 中ぐらい

サイプレスと相性がよい精油

相性がよい精油

「相性がよい精油」については、アロマテラピーの専門書を数冊読んでみると分かりますが、人それぞれ感じ方や意見に若干の違いがあります。

そこで、ここでは客観的に判断できるように、5冊の専門書を調べてまとめたものをご紹介させていただきます。

見方として、1冊の専門書で「〇〇の精油と相性がよいよ!」と紹介されている場合は「1点」を、2冊で紹介されている場合は「2点」を、と点数をつけています。

点数が高ければ高いほど信頼性が高く「相性がよい精油」だと客観的に判断できます。

では、見ていきましょう。

樹木系
柑橘系
ハーブ系
フローラル系
オリエンタル系
スパイス系
樹脂系

上記の表をみても分かるとおり、サイプレスは「樹木系」や「柑橘系」「ハーブ系」「フローラル系」と相性がよい精油です。

なかでもジュニパーベリーが相性がよいと多く紹介されており、ブレンドすることでジュニパーベリーの香りを引きだてるのに役立ちます。

また、香りが強いカモミール・ローマンとの相性も良く、甘い心地よい香りになります。

おススメの使用方法

入浴、芳香浴、ヘアケア、トリートメント、スキンケアなど。

購入の目安とポイント

10mlで1,800円~3,000円。

劣化すると皮膚刺激やアレルギー反応を起こす可能性があるので、購入する場合は、新鮮なものを選んで少なめに購入し、早めに使い切りましょう。

データ

学名 Cupressus sempervirens
英名 Cypress
科名 ヒノキ科
種類 高木
別名 イトスギ(糸杉)
抽出部位 葉、枝
抽出方法 水蒸気蒸留法
主な産地 フランス、ドイツ、モロッコ、スペイン、イタリアなど。
主な作用 うっ滞除去、収れん、鎮咳、鎮静、抗菌、抗ウイルス

以上、「サイプレスの効能」でした。参考になれば幸いです。